医療広告違反の指導(2)

日本で唯一人、クリニックのリーガルマーケティングを
コンサルしている林田です。

医療広告のパトロール、今年はより一層
強化されそうですが、その話は後日として、

今日はパトロールの実情をまとめておきましょう。

1.パトロールを行っているのは厚労省から委託を
  受けている日本消費者協会。

  厚労省が設置している「ネットパトロール相談室」に
  寄せられた通報と、「インプラント」などの
  キーワード検索で、ターゲットを絞り、LPや
  リスティング広告をチェックします。

2.そして、ガイドラインに違反していると認定したら、
  次のような修正依頼を送ります( >>>
https://www.yakujihou.com/merumaga/190117keikok.pdf )。

3.この依頼に応じて修正すればそれで終わりです。

4.修正しなければ協会は行政に持ち込みます。

  行政は所轄の保健所が対応し、当該クリニックを
  呼び出します。

  そして、パトロールで発見された違反箇所の修正を
  求めますが、場合により、それ以外に寄せられている
  クレームなどに話が及ぶこともあります

5.なお、日本消費者協会から送られてきた修正依頼に
  反論することも可能です。

  当社扱い案件でそれで功を奏した案件もあります。

いかがでしたか?

またメールしますね。