HPに求応ページ

日本で唯一人、クリニックのリーガルマーケティングを
コンサルしている林田です。

新ガイドライン対策として、従来のHPに求応ページを
はめ込むパターンが増えてきています。

先週の湘南美容さんがそうでした。

城本さんもそうです。

豊胸について、いろんな症例を一覧させつつ、
特定の例をクリックすると、

詳しいビフォーアフターに加え、
(1)治療内容、(2)費用、(3)副作用・リスクが現れます。

https://www.yakujihou.com/merumaga/181115siromoto1.pdf

https://www.yakujihou.com/merumaga/181115siromoto2.pdf

また、ヘアメディカルさんもそうです。

AGAについて、いろんな症例を一覧させつつ、
特定の例をクリックすると、

詳しいビフォーアフターに加え、
(1)治療内容、(2)費用、(3)副作用・リスクが現れます。

https://www.yakujihou.com/merumaga/181115hea1.pdf

https://www.yakujihou.com/merumaga/181115hea2.pdf

ただ、この手法は注意すべき点があります。

そのことは、29日のセミナーでお話ししましょう。

クリニック広告 指導の現状は? 

これからのプロモーションはどうしたらよいのか?

↓   ↓   ↓

https://www.yakujihou.com/seminar/20181129_n.html

いかがでしたか?