求応サイトにプロモーション要件追加

日本で唯一人、クリニックのリーガルマーケティングを
コンサルしている林田です。

6月1日から医療広告新ガイドラインが施行されました。

純粋HPは規制される。
しかし、求応サイトがソリューションになる。

このことは何度もこのメルマガで書いていますが、
書きすぎたのか、土壇場で、求応サイトに関して、
プロモーションの要件が追加されました。

曰はく、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
①は、ウェブサイトのように、
患者等が自ら求めた情報を表示するものであって、

これまで認知性 (一般人が認知できる状態にあること)
がないために医療広告の規制の対象とされていなかった
ウェブサイトの他、メルマガ、患者の求めに応じて
送付するパンフレット等が該当しうるものであること。

なお、インターネット上のバナー広告、あるいは
検索サイト上で、例えば「癌治療」を検索文字として
検索した際に、スポンサーとして表示されるものや

検索サイトの運営会社に対して
費用を支払うことによって意図的に検索結果として
上位に表示される状態にしたものなどは、
①を満たさないものであること。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

要は、リスティングやバナー連動は、
求応サイトとして認めないことになりました。

ということは、今までの純粋HP規制と同じで、
SEOでプロモーションしていくことになります。

アフィリエイト連動も、引用文中の「など」
に含まれて、求応サイトとして認めないと思われます。
ご注意ください。

詳しいことをお知りになりたい方は、
6月4日のセミナーをWEB視聴してください。

↓   ↓   ↓

https://www.yakujihou.com/seminar/20180604_n.html