オンライン診療で勝ち組になる方法!~自由診療編~

日本で唯一人、クリニックのリーガル
マーケティングをコンサルしている林田です。
オンライン診療が4月10日付で100%解禁
されました。
この大変革を活かしたいという熱いご要望に
お応えして

「オンライン診療で勝ち組になる方法!
~ 自由診療編 ~」

みなさまが勝ち組に駆け上がれる
レクチャー動画を作りました。
概要をご説明すると、

オンライン診療が4月10日付で解除されました。
これはクリニックの勝ち組と負け組を大きく
二分することになる大変革ですが、

4月10日の厚労省事務連絡が簡潔すぎてよく
わからないところがあります。
そこでまず、この動画ではYDCが独自の
行政ネットワークで得た情報とこれまでの
経験から4.10新ルールの分析を行い、
わかりやすくレクチャーします。
次にYDC自ら運営するクリニックがあるので、
そこでのオンライン診療の実践の仕方を
マーケティング方法も加えて具体的に示し、
ドクター1人で1年で年商1億超に至れる手法を
示します。
コロナ問題でクリニックの売上激減に悩む
医師・歯科医師には、

「災い転じて福となる」「負け組から一気に
勝ち組に駆け上がれる」画期的なレクチャーです。
動画の一部をご紹介するとこんな
感じです(>>>
https://www.yakujihou.com/merumaga/20200501.pdf )。
目次はこうです。
プロローグ.
オンライン診療完全解禁に至る道のり

1.タイムライン
2.3.30と4.10
1) 3.30は遠隔を(1)診療(2)受診勧奨
(3)相談に分けている
2)3.30と4.10の関係
Part1.4.10事務連絡の分析

1.初診(1)診断&薬剤処方
1)どういう場合にオンラインが可能か
2)オンラインの方法
3)薬剤処方
4)処方箋
2.初診(2)本人確認
3.再診
4.Q&A
Part2. ケーススタディ

1.前提知識:医療広告ガイドライン
1)オンライン診療はHP
(含むLP=特定テーマに特化)で展開
2)医療広告ガイドラインは広告を厳しく
抑圧するが、特定の事項はその規制が
解除される
3)限定解除
2.オンラインピル処方(1)
1) 4.10との関係
2) 医療広告ガイドラインとの関係
3.オンラインピル処方(2)東京TMクリニック
4.Money-Wise(収支)
1)オンライン診療での集客にはプロモーション
(広告)が必要
2)1)の新規が6ヶ月続けるとこうなる
3)キャッシュポイントはリピート
4)コロナ終息して緊急立法ENDになっても
「既患を対面からやり直せ」にはならない
5.Another Option:手続簡略化
1)クリニックはあるがオンラインのやり取りは
自宅でやりたい
2)「相談」だと―
3)「相談」であるためには (1)やりとり
4)「相談」であるためには (2)ソリューション

Part3. まとめ
1.このプロジェクトで勝ち組になるために
必要なもの
2.YDCが提供するコンサル
気になる価格やお支払い方法は以下のとおり。
【価格(税別)】

・YDC会員様価格 25,000円
※3回のメール質問権付

・非会員様価格 30,000円
※3回のメール質問権付
【お支払い方法】

・振込み あるいは カード決済
【発刊日】
・2020年4月30日
是非、レクチャー動画で学んでください。
☆オンライン診療で勝ち組になる方法!

~自由診療編~

↓   ↓   ↓

https://yakujihou.co.jp/ydc-mri/yuryou-movie.html#G

動画の配信はGW休日の関係でご入金確認後
5/7より順次送付となります。
またメールしますね。