未承認医薬品の限定解除

日本で唯一人、クリニックのリーガル
マーケティングをコンサルしている林田です。

高濃度ビタミンCなど未承認医薬品を用いた
治療を行うことをHPに記載するには-

1.治療の内容

2.費用

3.ありうるリスク、を記載し、

さらに、

4.厚労省が承認していないこと

5.入手経路

6.対応する承認薬の有無

7.諸外国における安全性情報

を書かねばなりません。

プラセンタに関し、7について、

「※当院でプラセンタ治療に使用している
「ラエンネック」は、厚生労働省で医薬品
として認可されています。ただ、この認可は
慢性肝疾患治療や更年期障害などの治療時に、
保険適応が認められています。美容を目的
とした治療は自由診療となりますのでご注意
ください。」

と記載している例がありますが、これは
的はずれです。

歯科のマウスピースに関して、

「マウスピース矯正を行うための装置は「マウス
ピース型(カスタムメイド)矯正装置」
(インビザライン)を含め世界で数十社が
販売しており、アメリカでは1/3程度がマウス
ピース矯正装置で行われているとされます。
「マウスピース型(カスタムメイド)矯正装置」
(インビザライン)は世界最大シェアで、
2018年現在で全世界にて600万症例以上が治療
されています。 」

と記載している例がありますが、いい線行って
いると思います。

これは最後に

「顕著な健康被害事例はない」とまとめると
よいと思います。

いかがでしたか?

またメールしますね。