機能性表示の届け出において数々の日本初を達成した実績があります

機能性表示において数々の日本初を達成した実績があります
届け出支援実績があり、「どうすれば受理されるSRになるか」を熟知しています。
結果、機能性表示において数々の日本初を達成しています

過去の受理事例を分析し、クライアントのニーズに応えるノウハウがあります。

薬事法ドットコムの機能性表示の実績一覧をまずはご覧ください。

薬事法ドットコムの機能性表示の実績一覧
https://www.yakujihou.com/kinou-lp/performance/

過去の受理事例を、詳細に分析しているのは薬事法ドットコムのみです。

機能性表示受理事例分析(機能性表示データブック)
https://www.yakujihou.com/kinou-lp/kinoudb-top/
SRサービスを行っているほかの研究機関では上記のような分析が見受けられません。
機能性表示の実際の現場に基づかない研究の見地から妥当と思われるSRを作成しているように思えます
しかしそれでは消費者庁の要求にマッチできません。

薬事法ドットコムの作成するSRは 機能性表示の届出審査の実態にぴったり準拠して行うことができます。

豊富な実績で培われた生の現場情報が、日本初のヘルスクレームの受理成功に結び付いています

SR作成の最後の局面では、SRの結論から届出表示のヘルスクレームを 導かなければなりません (様式V-16)

ここではどういうヘルスクレームならOKで どういったヘルスクレームならNGなのか当局の運用の実情を 良く知る必要があります。

薬事法ドットコムは、多数の案件に携わっている結果 最新の運用状況を把握しているのでそれに基づいた仕上げができます。

他方、こういった生の現場情報を持ち合わせていない会社様は研究レビューは作れてもそこから受理されるヘルスクレームに落とし込むことができず、受理される届出表示をクリアすることができないように思えます。



機能性表示セミナーの紹介とセミナー参加者の声

機能性表示食品の届出に関する「ヘルスクレームに関する動き」、「関与成分に関する動き」を 独自に入手して随時情報をアップデートして、お客様に提供しております。

機能性食品の届出に関するセミナー
https://www.yakujihou.com/seminar/

セミナーのお客様の声

  • 実務上問題になるところを多く指摘いただき助かった
  • 関与成分の寄与率についての話が参考になった
  • 政策決定の変更に伴う撤回や指摘事項に関する情報が大変役に立った


事例で分かる!薬事法ドットコムのSRサービスのメリット

事例1:ノウハウがあるから対応力が違います

採用したい文献に病者が含まれている場合、一般のSR会社は そこであきらめてしまいますが、
薬事法ドットコムは、対処するための ノウハウがあります。

事例2:最終商品のコストを抑えるためのSRを作ります

クライアントにとっては、関与成分量は少なければ少ないほど ベストです。最終商品のコストダウンが実現できるからです。
ですから薬事法ドットコムでは、関与成分が極力少なくなるように SRを作り上げますが、一般のSR会社にはそういった意識が ないため、
漫然と関与成分量の多いSRを作り上げてしまいます。

女性イメージ

HELP ME!!
どうしても通らないなど
機能性表示についてお困りなら

お客様のお悩みに合わせた解決方法を、
ご紹介いたします。

お問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。

電話 03-6274-8781

平日9:00~18:00(土日祝日を除く)
FAX : 03-6274-8782