景表法の要求に適合したい

景表法コンプライアンス体制は整っていますか?

参照となる資料はこちら(pdf資料は消費者庁のサイトから。)

具体的には、
(1)広告に関し景表法の責任者を決める
(2)景表法の研修を行う(or 受講する)
(3)広告に関し景表法のチェックフローを決め実施する
(4)景表法違反が発覚した場合の対応体制を定める

といったことが要求されています。

結果、消費者庁は景表法違反を追及する際に必ずこの点を問い質し、この体制の有無がペナルティの大小に影響を与えています。今のうちにしっかりと体制を構築しておきましょう。

研修依頼をはじめ景表法コンプライアンス体制の構築に関してのお問い合わせはこちら
コンシェルジュ松島
お問い合わせはコンシェルジュ松島まで03-6274-8781 WEBからのお問い合わせはこちら