景表法を学びたい

下取りと交換(2)

次の3つの例を考えてみましょう。景表法違反となるのはどれでしょうか?

ケース1:靴を下取りして、1000円あげる
ケース2:靴を下取りして、新しい靴が買える1000円分のクーポン券をあげる
ケース3:古い靴を持参した方に新しい靴をあげる

<ケース2>
ケース1は現金をあげるというものでした。
これに対し、ケース2は
「新しい靴が買える1000円のクーポン券をあげる」というもので、
「店で靴を買ってくれ」という色彩が強くなります。

ところで、景品とは、取引に付随して提供されるもので、
「取引付随性」という要件があります。

翻ってケース2を見ると、
「店で靴を買ってくれ」という目的の下に
シューズクーポン券を提供しているのでこれは景品のようにも思えます。

しかし、これが景品といえるためには
来店したら必ずもらえるか抽選・先着順でもらえるということが必要です。
ケース2の場合は、「古い靴を持参する」という条件が付きます。

そうすると、シューズクーポン券は
この要件の対価ということになるので、結局、景品ではない、ということになります。

cf.取引付随性

商品Aの新発売キャンペーンとして
「抽選でハワイ旅行プレゼント」というのは取引と全く関係ないので
景品にはなりません(オープン懸賞と呼ばれます)。

「商品Aを買った人の中から抽選でハワイ旅行プレゼント」というのは
取引付随の典型例で、当然景品に該当します。

また、
「商品Aを売っている店の来場者の中からハワイ旅行プレゼント」というのも
取引付随性ありと解釈されています。

逆に言うと、
「取引付随性」というのはとてもわかりにくい要件ですが、
「購買者」だけでなく「来場者」も含めたいので
「取引付随性」というわかりにくい概念を立てていると言えます。

取引付随性イメージ

⇒ 「下取りと交換(3)」

コンシェルジュ松島
お問い合わせはコンシェルジュ松島まで03-6274-8781 WEBからのお問い合わせはこちら