景表法を学びたい

景品か非景品か? Q&A(1)

弊社に寄せられたご質問の中からご紹介します。

<質問>

・商品A:売価2000円
・商品B(一箱80枚入):売価800円、原価300円
とすると、
「商品Aを購入すると商品B(80枚入)をプレゼント」という表現は
景品表示法に違反となると思いますが、
下記のパターンの場合はどうでしょうか?

パターン(1)
商品B(80枚入)に「サンプル品」というシールを貼り、
あくまでもサンプル品として贈呈する。
(但し、この時、当社内には同じく販売している商品は存在します)

パターン(2)
商品B(80枚入)の中身を取り出し、
別パッケージ(別のビニールに入れる等、仕様を変更)にして、
「非売品」として、贈呈する。

パターン(3)
商品Bの枚数を80枚→40枚と半分にし、
別パッケージ(別のビニールに入れる等、仕様を変更)にして、
「非売品」として、贈呈する。

<回答>

1.ルールは次のようになります。

ルールA:「〇〇購入者に××をプレゼント」と言うと
「××」は景品となり、景表法がカバーします。

ルールB:景表法がカバーすると総付景品の規制を受け、
「××」は「〇〇」の2割以下の価格でないとダメです。

ルールC:「〇〇に××が付いて△△円」と言うと
「××」は景品にならず景表法はカバーしません。

ルールD:ルールCの場合は値引きとなり、
(「〇〇の価格」-「××の価格」)>「〇〇の原価」
でないとダメです。

2.パターン(1)について

(A)贈呈と打ち出した場合
・ルールBがカバーします。
・商品Bは800円と評価され、2000円の商品Aの2割を超えるのでNGです。

(B)付いてくると打ち出した場合
・ルールDがカバーします。
・商品Aを1200円で売っていると評価されるので
商品Aの原価が1200円以下ならOKです。

⇒ パターン(2)は「景品と非景品か? Q&A(2)」

コンシェルジュ松島
お問い合わせはコンシェルジュ松島まで03-6274-8781 WEBからのお問い合わせはこちら