ランディングページ・紙媒体の課徴金制度対策診断実施中

健康、美容、ジム、英会話、学習塾、エステ、整体・・・

御社のランディングページは大丈夫ですか?
景表法の課徴金診断サービス

今すぐ診断を受ける

課徴金制度の企業にとってのリスクと影響範囲

イメージ画像

・注意警告なしで、対象となった場合、課徴金が、いきなり徴収されます。
・最大過去3年間の売上げの3%を課徴金として徴収されるので 対象になった場合、会社の業績悪化・倒産につながる可能性があります。

薬事法ドットコムからのご提案

薬事法ドットコムでは、課徴金対策に不安 のある企業さまを対象にwebサイト・紙媒体の課徴金診断を行います。

課徴金制度対策おすすめチェックリスト

景品表示法において規制をさせている広告表現の「優良誤認表示」 「有利誤認表示」に対して過去3年間の売上げの3%が課徴金が賦課されます。

課徴金制度とは

webサイト
ランディングページ
紙媒体
インフォマ
※薬事法ドットコムでは当ページをご覧頂いた方限定で 1LP 5万円(税別)で診断いたします。※webサイト・紙媒体・インフォマに関しては別途お見積りいたします。

景品表示法において規制される広告表現

「優良誤認表示」
「有利誤認表示」
「優良誤認表示」は、商品やサービスの「品質や規格等」が優良であると誤認させるような表示のことです。 「有利誤認表示」は商品やサービスの「価格」が有利であると誤認させるような表示です。
課徴金制度が導入、適用されるのは、上記の「優良誤認表示」と「有利誤認表示」です(8条1項)。
なお、消費者庁長官が商品・サービスの内容についての広告が優良誤認表示に該当するかどうかを判断するために必要があると認める場合に,業者に対し,合理的な根拠資料の提出を求め,その資料が提出されないときにはその表示を不当表示とみなすという「不実証広告規制」についても、定められた期間内に資料提出がなく優良誤認表示と見なされた場合には不当表示と確定されて、課徴金が課せられることとなります(8条3項)。

課徴金をうけないようにするには

薬事法ドットコムでは景品表示法の措置命令絡みの事件を件近く扱っています。その経験の中から課徴金納付を回避できる3つのスキームを構築しています。

課徴金対策に力を入れたほうがよい業種は

3年間の売上げが5000万円以上の健康食品・化粧品・美容機器、英会話、ジム、エステ、整体関連の企業様

課徴金の対象にならない会社はある?

課徴金の金額が、150万円未満の場合は、課徴金は付加されないこととなっています(8条1項)。 課徴金が150万円未満と言うことは、対象となる売上額が5000万円未満という場合です。 提供している役務・商品の過去3年の売上げが5000万未満の零細企業の場合は対象になりません。

今すぐ診断を受ける
コンシェルジュ松島
お問い合わせはコンシェルジュ松島まで03-6274-8781 WEBからのお問い合わせはこちら