Ⅱ.景表法対策 / 薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

Ⅱ.景表法対策

  1. 措置命令件数の増加・課徴金額の上昇など景表法リスクは高まる一方です。
  2. YDCでは、このリスクに対して、①YDCでエビデンスを作り、②消費者庁との交渉を公取(公正取引委員会)OB弁護士に依頼する、という対策を用意しています。
  3. 景表法を担当するのは消費者庁表示対策課ですが、その主要ポジションは公取からの出向者の方々で占められています。
    公取は官庁の中でも排他的な官庁で、「公取同友会」などを通じOBの結束力も強いという特色があります。
    表示対策課とのコミュニケーションをスムーズに行うためには、この排他性を考慮したポジショニングを検討する必要があります。
  4. お問い合わせは、info@yakujihou.comまでお気軽にどうぞ。

 

薬事法ドットコムのご提供するサービスのご案内はこちら

会員数20,000名突破!業界の誰もが読むメルマガの無料会員になる

プロのコンサルタントに相談したい

トータルでサービスを受けたい

薬事法(薬機法)を学びたい

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。