守りのコンサル | 薬事法ドットコム

守りのコンサル / 薬事法のお悩みを解決いたします。

03--8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

  • TOP
  • 守りのコンサル

YDCのご提供する「守りのコンサル」

薬事法ドットコムでは、広告表現のチェックを行う「薬事チェック」及び行政指導や合理的根拠の提出要求に応える 「行政指導・合理的根拠への対応」により、健康美容ビジネスの守りを万全にサポートいたします。

守りのコンサル「薬事チェック」

健康美容ビジネスでは、薬事法及び景表法関連の規制に抵触しないための薬事チェック(広告チェック)が重要となります。
薬事法ドットコムでは、国内で初めて総合的な薬事チェックを開始し、行政指導や合理的根拠の提出要求に応える「守りのコンサル」を行っています。

20年600社を超える豊富なコンサル経験により蓄積された様々な事例を基に守りのコンサルをご提供。
さらに広告案(紙、WEB、TV、ラジオ)をチェックし、問題があれば代替案をご提示します。

【YDCによる薬事チェック】

1ヶ月に3,000枚近いチェックを行う熟練した専門家により一貫した指導を実施。薬事チェックについてご説明します。
ナビゲーター:松島 正則

薬事チェック情報 健康食品・化粧品・健康美容器具・医療機器の広告チェックを行います

薬事チェックとは

健康食品・化粧品・健康美容器具・医薬品・医療機器の広告については
薬事法・景表法の規制がどんどん厳しくなっており、Yahoo!やテレビ局などの媒体審査を
通らないとか当局の行政指導で広告が没になるというケースが増えています。

●そのようなロスやダメージを未然に防ぐのが薬事チェックです。
YDCは単にチェックするだけではなく「どういう表現に代えると良い」
という代替表現も提案しています。

»薬事チェックのサンプル

こんな方に

ヤフー・オーバーチュア、グーグル・アドワーズ、LINEの審査が通らず困っている・・・

実績

80ページ余のホームページ(化粧品通販)がヤフー審査を通らず困っている企業様の
依頼を受け2日で添削を行い、一発で審査をクリアさせました。

新聞社の審査が通らず困っている・・・

実績

コラーゲン健食の広告が新聞広告審査協会の審査が通らず困っている企業様の
依頼を受け1日で添削を行い一発で審査をクリアさせました。

テレビ局の審査が通らず困っている・・・

実績

社運をかけたCI広告がテレビ局の審査を通らず困っている企業様の依頼を受け
1日で添削を行い一発で審査をクリアさせました。

雑誌社の審査が通らず困っている・・・

実績

ダイエット健食にドクターを使った広告が雑誌広告審査協会の審査を通らず困っている
企業様の依頼を受け1日で添削を行い一発で審査をクリアさせました。

TOP OF THIS PAGE

薬事チェックの流れ

●YDCは会員制ですが、非会員の単発のチェック(スポット)依頼も受けています。
但し、会員になってチェックを依頼した方が断然お得です。

●会員になるには
ゴールド会員(月会費6万円(税別))かダイヤモンド会員(半年会費30万円(税別))にご入会下さい。

YDCは広告案を薬事法及び関連法規(景表法・健康増進法・JAS法・特商法など)
の観点からチェックし、不適箇所にはコンプライアンスに適合し訴求力のある代替案を示します。

代替案例

「不妊で悩んでいてA社の栄養補助食品をすすめられて、摂り始めたら妊娠することができた。
前から知っていれば良かった。」

arrow

「A社の栄養補助食品をすすめられて、だんだん健康になった。最近、赤ちゃんにも恵まれた。
やはり健康は大切だ。A社さんに出会って良かった。」

薬事チェックの対象

紙媒体はもちろんweb・動画など様々な広告媒体の表現チェックが可能です。
  • ・紙の原稿(折込チラシ・リーフレット・配布チラシ・同梱ツール等)
  • ・WEB(LP・ECサイト等)
  • ・Video(WEB動画・テレビショッピング・店頭用CM等)

薬事チェック枚数のカウント詳細

Ⅰ. カウント方法
  1. (1)フォントサイズ12ポイント、行間1.5行が目安です。
  2. (2)B4などA4以外のサイズの場合は、A4だと何枚になるかをカウントし直します。
  3. (3)WebサイトはA4でプリントアウトしたら何枚になるかで計算します。
  4. (4)Videoは台本をベースとしてカウントします。
Ⅱ. 特別なカウント
  1. (1)1日5枚以上 1日5枚以上の場合は5枚目からは倍カウントとします。
    ex.1日6枚のオーダー
     → 4+(2×2)=8枚とカウントします。
  2. (2)特急(当日か翌日の返却) 倍でカウントします。
    ex.1日4枚の特急オーダー
     → 4×2=8枚
    1日6枚の特急オーダー
     →(4×2)+(2×2×2)=16枚

●ダイヤモンド・ゴールド会員の場合

費用

A4で1か月間20枚まではダイヤモンド・ゴールド会員の会費範囲内です。
20枚を超えた場合は1枚5,000円の追加料金となります。

ダイヤ・ゴールド会員の原稿チェックの流れ

  • 原稿をメールかFAXで送信して頂く(絵コンテやVideoの場合もあり)
  •  ↓
  • チェック
  •  ↓
  • 代替案をFAXかメールでお返し致します(原則として3営業日目)

納期

  1. 1.原則:3営業日目
  2. 2.例外:特急の場合→当日か翌営業日にお返しします。
    ※当日にお返しするのは、その日の午前中にチェックする媒体を頂いた場合に限ります。

●非会員の場合

費用

基本料金2万円(1回に付き)+添削料(A4、1ページあたり5,000円。)
※5ページを超える場合は5ページ目より1枚を2枚とカウントします。

非会員の原稿チェックの流れ

  • メール(info@yakujihou.com)又はファックス(03-6274-8782)にて原稿をお送り下さい。
    ※御社のニーズ、使用する媒体等をお書添えください。
  •  ↓
  • 薬事受付担当より見積金額をご連絡致します。
  •  ↓
  • (1)費用をお振込み下さい。
    ※費用は前払いとなります。
    (2)振込が終わりましたらご一報下さい。迅速に手配いたします。
  •  ↓
  • これで完了です。
    チェック回答と代替案をお返し致します。(原則として3営業日目)

納期

  1. 1.原則:3営業日目
  2. 2.例外:特急の場合→当日か翌営業日にお返しします。
    ※当日にお返しするのは、その日の午前中にチェックする媒体を頂いた場合に限ります。
TOP OF THIS PAGE

YDCの薬事チェックの特色

その1圧倒的な信頼度

●YDCは、弁護士や元薬事法改正委員会委員の指導の下に薬事チェックを行なっています。
他社は法的バックグラウンドがない人が薬事チェックを行なっているケースが多々ありますが、
そういうケースと私どもの薬事チェックでは深さが違います。

その2行政指導対応-アフターケア

●YDCは、法律専門家を抱えていますので、私どもの行っている薬事チェックに対し
行政から指摘が行われた場合には私どものロジックを文書で説明するという
アフターフォローを行なっています。(ダイヤモンド・ゴールド会員は無償)
他社は法律専門家がおらず、そういうアフターケアを行うことが出来ず、
やりっ放しできわめて無責任なサービスとなっています。

その3訴求力を落とさない代替表現

薬事法上問題がある点を指摘するだけなら行政でもやってくれます。
しかし、みなさんはビジネスプレーヤーでしょうから、ダメで終わるのではなく、
ダメならどうするかという代替表現が必要です。
しかも、その代替表現は訴求力のあるものでなければビジネスとして意味がありません。
YDCのコンサルタントは、いろんな健康美容ベンチャーの年商10倍UPに貢献しています
(やずや様:30億→470億、悠香様:40億→300億)

YDCはこの売上UPノウハウを共有し訴求力ある代替表現を提案しています。
他社は売上UPの実績がなくみなさんが欲する訴求力ある代替表現を提案することができません。

TOP OF THIS PAGE

よくある問合せ

全面的な作り替えが必要な広告
添削ではどうしようもなく全面的な作り替えが必要な場合はどうなるのですか?

YDCで新たに広告文を作成することも可能です。
お見積りをご提示致しますので、ご検討下さい。

添削に対する問合せ
添削内容に対して問合せをすることは可能ですか?それは有料ですか?無料ですか?

問合せは可能です。無料でお答え致します。
ファックス(03-6274-8782)又はメール(info@yakujihou.com)にてお問合せ下さい。
尚、新たな問合せと見られる場合は、その旨をお伝えし改めて問合せ費用をお見積りさせて頂きます。

行政に問い合わせて回答するサービスもありますがどう違うのですか?

薬事法・健増法・景表法どの分野も行政は取り締まるのが仕事で、企業の売上を上げるのが仕事ではありません。
それゆえ、行政に問い合わせても前向きな回答やこれがだめならこうすればよいといった回答は返ってきません。
かえってやりにくくなるだけです。
そこで私どもはこれまでの経験に現在の現場情報を加味してこれなら大丈夫という前向きな案を示しています。
どちらが売上に貢献するのかは明らかでしょう

実績
薬事コンサルティングに関しては業界で群を抜くと言われていますがどうですか?

実績紹介をご請求下さい。

こちらからどうぞ

TOP OF THIS PAGE

こんな問い合わせも可能です

薬事チェックは広告原稿のチェックのみならず下記のような問い合わせにも対応可能です。
具体的なフローとしては、薬事チェック窓口にメールでお問い合わせいただければ、「それはチェック枚数何枚に当たります」と見積もりを出し、OKであればご回答します。

1.こんな広告案を考えているのだけれどこれが可能なのか知りたい

2.こういうことを表現したいのだけれどそのためにはどういう表現で組み立てていけばよいのか知りたい

3.違う切り口で攻めたいのだけれどどういう切り口がありうるのか教えてほしい

4.こういう内容でエビデンスを作ろうと思うのだけれどそれでよいか教えてほしい

5.他社がこんな表現しているのだけれどどうしたらこんな表現ができるのか知りたい

6.他社の広告の薬事チェックをしてほしい

コンシェルジュ 松島正則

お問合せは松島まで

03-6274-8781
info@yakujihou.com
コンシェルジュ松島 正則

私たちが薬事チェックのメンバーです

薬事チェックコンサルタント中澤忠之

■薬事チェックコンサルタント

中澤 忠之
薬事法管理者・コスメ管理者資格保有。
法政大学非常勤講師、薬事コンサルタント。

パートナー弁護士松澤 建司 顧問

■パートナー弁護士

松澤 建司 顧問
早稲田大学法学部卒 弁護士。
親身な対応とお人柄で依頼者の
信頼が厚い。

守りのコンサル「行政指導·合理的根拠」への対応

自社商品の広告を訴求する際、薬事法及び景表法などの規制事項について熟知している必要があります。
この規制を十分にクリア出来ていない場合、行政指導や広告表現のエビデンス、合理的根拠の提示が求められらるケースが発生します。
万が一、措置命令が下された場合、自社名のメディア報道による企業ブランドの毀損、さらに消費者からの返金要求など多くのダメージが付きまといます。2016年からはさらに課徴金のペナルティも追加されています。

薬事法ドットコムでは、20年以上に渡って蓄積された豊富な経験から、そして弁護士や立法経験者や官僚OBによる的確な法令解釈を武器に、行政指導に対応する完璧なご対応をご提供しています。
さらに広告のエビデンスとなる合理的な根拠の提示が要求された場合、最適に計画された「臨床試験の実施運用」とそこから得られる「データの精査と統計処理」により、意味のあるエビデンスデータ、広告の根拠となる強いエビデンスデータを提示出来る環境と体制をご提供いたします。それにより事なきに至っているケースも多数存在します。

【行政指導・合理的根拠】

媒体審査、行政指導、合理的根拠の提出要求についてご説明します。
ナビゲーター:松島 正則

コンシェルジュ 松島正則

お問合せは松島まで

03-6274-8781
info@yakujihou.com
コンシェルジュ松島 正則

その他のご相談

その他のお問合せ及び資料請求などはこちらまでお気軽にお申込みください。