YDCで学ぶ「セミナー」 / 増大する景表法・特商法リスクへの対処法!

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

このセミナーの受付は終了致しました。多数のご参加を頂き、ありが とうございました!大好評のセミナー、WEB視聴受付中!

2020年3月5日(木)

〈概要〉

景表法・特商法のリスクが増大しています
1. 措置命令を受けることによって企業の成長が大きな打撃を受ける(ブロリコケース)
2. 今年は2億円を超える課徴金が出て来ると思われる
等々。
しかし、多くの事例は景表法に関わるエビデンスの作り方やオファーの示し方の知識不足に由来しています。
本セミナーでは具体例を示しながら景表法や特商法のリスクを回避するノウハウをレクチャーします。

〈項目〉
Part1. 増大する景表法・特商法リスク
Ⅰ. 業者名公表・謝罪広告
Ⅱ. 業務停止
Ⅲ. 課徴金
Part2. エビデンス: 無知vs周到なトリック
Ⅰ. エビデンスの示し方

%アプローチと有意差アプローチ

Ⅱ. エビデンスの適格性①臨床試験
  • 不適格な事例: ブロリコ事件
  • 周到な事例
Ⅲ. エビデンスの適格性②文献調査
  • 不適格な事例
  • 周到な事例
Ⅳ. 広告とエビデンスの対応性
  • 不適格な事例: ブロリコ事件
  • 周到な事例
  • テレビ広告の事例
  • 措置命令事例
    • 1) だいにち堂事件
    • 2) 大正製薬事件
    • 3) 葛の花事件
Part3. オファー
Ⅰ. 定期コース
Ⅱ. 全額返金保証
Ⅲ. 今だけ
Ⅳ. 二重価格
Ⅴ. 満足度

講師紹介

講師  林田 学((株) 薬事法ドットコム社主、医療グループJTA理事長 )

林田 学

林田学/ 東大法大学院卒。大学教授・弁護士を経て現職。平成14年度薬事法改正のための委員会委員。
1995年から600社以上の薬事法・景表法とマーケティングの融合に関するコンサル経験を持つエビデンスリーガルマーケティングのスペシャリスト