YDCで学ぶ「セミナー」 / 機能性表示最新情報!- 水面下の最新情報をお伝えします-

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

このセミナーの受付は終了致しました。多数のご参加を頂き、ありがとうございました!大好評のセミナー、WEB視聴受付中!

2019年4月5日(金)

YDCグループは機能性表示の届出に130件以上関与し、また、困難と言われるRCTで10件以上の試験実施&受理実績があります。 さらに、独自の調査網もあり、水面下の情報が蓄積されれています。
その結果―

  • 1. 水面下で動いている撤回要請・追加資料提出要請の情報を把握しています
  • 2. 今までになかった差し戻し情報も把握しています
  • 3. 逆に、今までダメだったものがOK になった情報も把握しています
  • 4. 撤回要請へのしたたかな対応情報も把握しています。

機能性表示は情報戦です。情報抜きに突き進むと後でバカを見ることになりますし、逆に水面下の情報を押さえておけば他に抜きん出ることも可能です。 機能性表示の受理を真剣にお考えの方はぜひご参加ください

セミナーの主な内容

<項目>
Part1. 最近の後出しじゃんけん情報
Ⅰ. 歩行能力の改善
報道されていない水面下の情報
Ⅱ. アフリカマンゴノキ由来エラグ酸
資料追加問題はどうなったのか?
Ⅲ. HMB
なぜ今撤回が求められているのか?
Part2. 最近の差し戻し情報
Ⅰ. 死菌乳酸菌
なぜ差し戻されているのか?
Ⅱ. 目の乾き
なぜしばらく受理されないのか?
Part3. 最近の注目イシュー
Ⅰ. 他に機能性を有する成分はないのか?の指摘にどう対応すればよいか?
  • 1.「○○由来XX」のXX で勝負する手法
  • 2.「○○由来XX」で勝負する手法
Ⅱ. 眠り表現はどこまで行けるのか?
Part4. 届出表示の拡大はどこまで可能か?
Ⅰ. 最近のリバイバル
  • 1. 脂肪の分解・消費・代謝
  • 2. 肝機能
Ⅱ. 過去NG だったが現在はOK になっているもの
Ⅲ. その他

講師紹介

林田 学(薬事法ドットコム社主、日本遠隔健康管理学会(JTA)理事長)

林田 学

林田学/ 東大法大学院卒。大学教授・弁護士を経て現職。平成14年度薬事法改正のための委員会委員。
1995年から600社以上の薬事法・景表法とマーケティングの融合に関するコンサル経験を持つエビデンスリーガルマーケティングのスペシャリスト