YDCで学ぶ「セミナー」 / 薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

  • TOP
  • YDCで学ぶ「セミナー」

2017年8月2日(水)

機能性表示に関する動きが風雲急を告げて来ました。これまでの90 件近くの届出関与の実績に基づきこのセミナーでは
次のようなことをレクチャーします。

1. 機能性表示の広告に対し消費者庁が動いています。この動きは今後どうなり、そのことが何をもたらすのか?
2. 規制改革会議から公表された届出前の第三者機関によるスクリーニングはどうなるのか?
3. ガイドラインの改定はどうなるのか?
4. 今後の広告はどうしたらよいのか?
5. 最近の差し戻し事例の傾向はどうなっているのか?
6. 通るべきものが通らないときはどうしたらよいのか?
7. 今機能性表示の届出を考えているプレーヤーはどうしたらよいのか?
8. 健康食品の売上を上げるにはどうしたらよいのか?
     エビデンスマーケティングはどうか? 医薬品通販と連動させることはどうか?

※申し訳ございませんが、関連会社やメディアの方々のご参加はお断りする場合がございますので予めご承知おき下さい。

セミナーの主な内容

<項目>

Part1. 受理事例の刈り取りと対策

Ⅰ.スギ薬局事件のその後
Ⅱ.類似ケース
Ⅲ.さらに起こるであろうことは何か?
      第二の日本サプリメント事件はあるのか?
Ⅳ.消費庁が狙っていることは何か?
Ⅴ.すでに受理された方々が刈り取られないために行わなければならないこと
  • 1.スギ薬局の戦術は正解か?
  • 2.広告するに当たりやってはいけないことは何か?
Ⅵ.受理事例の広告戦略はどうしたらよいのか?

Part2. どうなるか?規制改革会議提言・ガイドライン改定

Ⅰ.規制改革会議:第三者機関方式は実現するのか?
Ⅱ.ガイドライン改定:いつ頃どういう風に改定されるのか?

Part3. 最近の差戻し事例の傾向と対策: なかなか受理されない方々のために

Ⅰ.最近の差戻し事例の傾向
Ⅱ.ヘルスクレーム
  • 1.21のヘルスクレーム以外に許容範囲は広がるのか?
  • 2.21のヘルスクレームの範囲内でも認められないこと
Ⅲ.関与成分
  • 1.厳しく見られるようになった食事表示基準の侵害
  • 2.エキス系はどうか?
Ⅳ.理論的には認められるはずなのに受理してくれないときはどうしたらよいのか?

Part4. 今、届出を考えている方々のための指針

Ⅰ.狙ってはいけないヘルスクレーム・関与成分
      最近の傾向とガイドライン改定を踏まえて狙ってはいけない機能性表示を割り出すとどうなるか?
Ⅱ.狙ってはいけないヘルスクレーム・関与成分でビジネスするにはどうしたらよいのか?
  • 1.一般健食のエビデンスマーケティングはどこまで可能か?
  • 2.医薬品通販と一般健食の接合はどこまで可能か?

Part5. 総括: 健食プレーヤーが採るべきポジショニング

無料相談会

セミナー終了後、無料相談を個別に行います。(16:30 ~ 17:00)

ご希望の方は、セミナー申込みフォーム最後の連絡欄に【8/2無料相談会希望】とお書き添えください。

講師紹介

林田 学(国際総合コンサルタント/ 薬事法ドットコム社主、米国財団法人HIF 理事長)

林田 学

東大法大学院卒。大学教授・弁護士を経て現職。平成14 年度薬事法改正のための委員会委員。
1995 年から600 社以上の薬事法・景表法とマーケティングの融合に関するコンサル経験を持つエビデンスリーガルマーケティングのスペシャリスト


セミナー参加のご案内

日時:8月2日(水)13:30~16:30(開場 13:00~)
場所:新宿クロスコープ大会議室 東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST 新宿SOUTH6階(地図
定員10名 クローズドセミナー 好評につき増員

お申込み方法
受講料: 30,000円(税込み、事前振込、カード決済)

※シルバー・ゴールド・ダイヤ会員の方は25,000円で受講可能です。
※2名以でのご参加の場合、お一人当たり3千円割引(早割との重複割引は出来ません)
※ご入金後の返金は致しかねますが、当社の他のセミナーに振り替えることが可能です。

早割

7月4日(火)までのお申し込みで30,000 円→ 25,000 円(非会員)、25,000 円→ 20,000 円(会員)

お申込みの流れ
[1. お申込み]

お申込みはこちらのお申込みフォームをご利用ください。
メール または FAX(03-6274-8782)でお申込みの方は、以下の項目を明記してください。

  • ・御社名
  • ・参加者名
  • ・住所
  • ・メールアドレス
  • ・電話番号
  • ・FAX番号

※請求書が必要な場合は、その旨をご記入ください。
 ※カード決済をご希望の場合はメール、FAXに「カード決済希望」とご記入ください。
  なお、電話(03-6274-8781)でのお申し込みも可能です。

[2. お支払い]

お申込みがすみましたら、次の口座にご入金ください。

  • ・三菱東京UFJ銀行 渋谷支店 普通 口座番号 0138645
  • ・三井住友銀行 渋谷駅前支店 普通 口座番号 4128749
  • ・みずほ銀行  渋谷中央支店 普通 口座番号 1323432

いずれも、口座名義は 株式会社薬事法ドットコムとなります。
 ※振込み手数料はお客様負担となります。予めご了承下さい。
  カード支払いも可能です。(JCB、Master,VISA、AMEX)
  お申込み頂いた後、カード決済用のアドレスをお知らせ致します。

[3. お申込みの確認]

ご入金の確認が取れ次第、受講票をFAXまたはメールでお送りします。
受講票はお申込みの確認がとれる大切ものとなりますので、受講日当日まで必ずお持ちください。
※割引料金の適用がある場合は、着金日が基準となります。

[4. セミナー当日は...]

セミナー当日は必ず受講票をお持ちください。
受講票をお持ちでない方の参加はお断りする場合があります。
定員に到達しだい、お申込みを打ち切ります。
多数の参加が予想されるため早めのお申し込みをお勧めします。