YDCで学ぶ「セミナー」 / 薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

  • TOP
  • YDCで学ぶ「セミナー」

このセミナーの受付は終了致しました。多数のご参加を頂き、ありがとうございました!


2017年4月14日(金)

薬事法ドットコムは機能性表示に関しこれまで約80件の届け出に関与しており、表には出ない水面下の 様々な情報を掌握しています。そこでまず、どういうヘルスクレームがどういう理由で拒否されているか、 他にどういう点に注意すべきか、甘い受理事例はなぜ存在するのかを説明します。
次に、現在の閉塞状況を突破する手法を検討し、最後にガイドラインの改定状況に言及します。
機能性表示のお悩みの方、必聴のセミナーです。

セミナーの主な内容

<項目>

Part1. 最近の拒否事例の実態

Ⅰ.ヘルスクレームの拒否理由
  • 1 ) 肌:しわ・透明感・かゆみ
  • 4 ) 血圧低め
  • 2 ) バストの下垂予防
  • 5 ) 免疫
  • 3 ) 性生活
  • 6 ) 歯 他
Ⅱ.その他の注意点
  • 1 ) 病者基準
    • ⅰ.BMI25 以上30 未満だが、内臓脂肪100cm²
    • ⅱ.主要アウトカム以外の点で病者がいたらどうか
  • 2 ) 作用機序 病気の言及でNGとなった事例
  • 3 ) 表示見本 シルエットでNGとなった事例
  •      他

Part2. 甘い受理事例

Part3. 突破法

  • 1 ) 専門の医師の見解書
  • 2 ) 規制改革会議
  • 3 ) 経産省グレーゾーン解消制度

Part4. 改定ガイドライン

講師紹介

林田 学(国際総合コンサルタント/ 薬事法ドットコム社主、米国財団法人HIF 理事長)

林田 学

東大法大学院卒。大学教授・弁護士を経て現職。平成14 年度薬事法改正のための委員会委員。
1995 年から600 社以上の薬事法・景表法とマーケティングの融合に関するコンサル経験を持つエビデンスリーガルマーケティングのスペシャリスト