「しっかり効きます」という表現について / 薬事法のお悩みを解決いたします。

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル8階

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

薬事法の現場で生じている問題にお答えします。

質問したい方はこちら

医薬品

「しっかり効きます」という表現について

医薬品の広告表現で「効き目しっかり」という、効能を強調した表現を使いたいのですが、
問題ありませんか。効能の保証表現に当たりNGのような気がするのですが。

掲載日:2014/8/1
企業名:(非公開)

確かに効能の保証と判断される可能性があります。
例えば日本OTC医薬品協会が定期的に行っている「広告審査会レポート」によれば、
「治療薬で「治す」という表現は使用可能だが、「しっかり治す」は「保証的な表現」に当たり
問題がある、という一節があります。
また、『広告の実際』の「医薬品等適正広告基準」【基準3(6)】の解説においても、
「すぐれたききめ」「よくききます」等の表現は保証表現に当たりNGとしています。
「しっかり」は「すぐれた」や「よく」と同等の表現と考えてよいでしょう。
しかし、『広告の実際』の解説では、キャッチフレーズ等の強調表現として使用しなければ
保証表現には当たらない、という例外が設けられています。
つまり、前後の文章に対して際立たせた表現でなければ使用しても問題ないということです。