脚を高く上げる仕組みの雑貨が標ぼうできる効能について / 薬事法のお悩みを解決いたします。

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル8階

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

薬事法の現場で生じている問題にお答えします。

質問したい方はこちら

健康美容器具・医療機器

脚を高く上げる仕組みの雑貨が標ぼうできる効能について

脚用の枕の販売を考えています。疲れやむくみを解消すると言いたいのですが、問題ないでしょうか。脚を上げると血行がよくなるのは自然なので、言えると思うのですが。

掲載日:2014/6/25
企業名:(非公開)

これは薬事法に抵触します。足を動かす等のエクササイズやストレッチを絡めないと、疲れやむくみはいえません。体が何もしない状態で薬理的な作用を述べることは医療機器的だからです。
例えば、かかとが高い靴があったとします。そこでかかとを高くしているからという理由で足の疲れが取れる等の薬理作用は言えません。その靴で足や筋肉を動かす等の行為・動作が絡んでいれば薬事法はOKです。
通常の頭の枕も同じです。単に頭を乗せて首より高い位置にあるからというロジックで疲れやむくみを謳うことは薬事法上問題があります。