音楽と映像でリラックスと能力開発を行なう雑品について / 薬事法のお悩みを解決いたします。

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル8階

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

薬事法の現場で生じている問題にお答えします。

質問したい方はこちら

健康美容器具・医療機器

音楽と映像でリラックスと能力開発を行なう雑品について

ゴーグルとヘッドフォンを装着して、リラックスと能力開発をもたらす音楽や映像を視聴していただく商品を開発しています。薬事法的にNGになるような部分があれば教えて頂けますか。

掲載日:2014/5/13
企業名:(非公開)

単なる情報(CD・DVDのコンテンツなど)に関してはどんな内容でも薬事法的に問題ないです。情報は表現の自由によって守られています。
しかし、「音波」などの物理的な音や「光線」などの視覚への物理的作用による身体への影響を標榜するときは、薬事法等が適用されるので、「リラックス」や「能力開発」は言えません。「音波」や「光線」による身体への薬理作用が想定されるからです。
つまり、音楽CDの場合、単にメロディを聴くというレベルであれば、薬事法等は関係ないですが(たとえば「ベートーベンの音楽は心地よくてガンも治る」ということは薬事法上問題ありません)、音の物理的な刺激(音波など)が身体に作用するというロジックであれば薬事法等が適用されます。