雑品の電動歯ブラシが標ぼう可能な範囲について / 薬事法のお悩みを解決いたします。

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル8階

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

薬事法の現場で生じている問題にお答えします。

質問したい方はこちら

健康美容器具・医療機器

雑品の電動歯ブラシが標ぼう可能な範囲について

電動歯ブラシを雑貨として販売しようと考えていますが、医療機器とみなされるようなことはないでしょうか?
また効果として「歯石の除去」を標榜したいのですが、可能でしょうか?

掲載日:2014/4/1
企業名:(非公開)

ブラッシング効果で説明できる表現(例えば汚れや歯垢の除去)にすれば医療機器とみなされることはありません。
「歯石の除去」に関しては問題があります。以下、理由を解説します。
一般化粧品の歯みがき類は、「歯石」に関しては「歯石の沈着を防ぐ(ブラッシング効果)」しか認めていません。要するに「歯石の沈着を防ぐ」はブラッシング効果程度で言えるが、「歯石除去」はブラッシング効果では言えないと考えることができます。
それに、医療機器に「歯石除去器」があります。
したがって「歯石除去」は雑品で標榜するのは難しいと考えるべきです。「汚れ・歯垢の除去」くらいにとどめるべきでしょう。