高反発マットレスの広告表現について / 薬事法のお悩みを解決いたします。

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル8階

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

薬事法の現場で生じている問題にお答えします。

質問したい方はこちら

健康美容器具・医療機器

高反発マットレスの広告表現について

「寝返りしにくい布団は血液が滞りやすく、肩こりや腰痛の原因になる」というところに注目し、
弊社は寝返りをしやすい高反発マットレスを開発しました。
この商品の効果として「血行を阻害しないので肩こりや腰痛を緩和させる」ということを
言いたいです。
ただかなり踏み込んだ表現なので薬事法に抵触しないか心配です。問題ありますか?

掲載日:2014/1/7
企業名:(非公開)

商品そのものの効果として血行や肩こり・腰痛改善を訴求していれば薬事法が
適用されますが、本件は「寝返り」を絡めているので薬事法は適用されません。
したがって薬事法はOKです。ただし、景表法は適用されますので、
「このマットレスを使って寝れば寝返りしやすくなり血行や肩こり・腰痛改善する」と
いうことが事実であることを証明する合理的根拠を要求される可能性があります。