健康美容器具の「リラックス」という表現について / 薬事法のお悩みを解決いたします。

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル8階

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

薬事法の現場で生じている問題にお答えします。

質問したい方はこちら

健康美容器具・医療機器

健康美容器具の「リラックス」という表現について

ハーブの香りがする○○枕の販売企画が持ち上がっています。「おやすみ前は、ハーブの香りでリラックス」というキャッチを使いたいのですが、可能でしょうか。医療機器ではありません。

掲載日:2013/6/19
企業名:(非公開)

「家電品の表示に関連する「薬事法等」についての解説」という薬事法関連のガイドラインに、非医療機器の広告表現において留意する事項が記載されています。
そこには、体内に何かの成分を取り込んでリラックスを標榜することは不可という項目があります。
ただし「「リラックスできる雰囲気をつくる」という人体に関係ない表現は問題なし」という例外があるので、「リラックス」という用語自体をNGとしているわけではないということが分かります。
本件の場合は、香りの効果として「リラックス」を標榜すると、体内に成分を取り込んで身体の機能に薬理的な影響を及ぼしたという意味に取れるのでNGの可能性がありますが、「○○枕はリラックスできる睡眠環境をサポートします」という表現にするなら必ずしもNGとはいえないということができます