薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

薬事法の現場で生じている問題にお答えします。

質問したい方はこちら

回答をご希望の方は必ずメルマガ購読をお願いします。

無料メルマガで薬事法に詳しくなりたい方はこちら

健康食品

はちみつの広告で「生はちみつ」と表示することはOK?

天然のはちみつを販売しています。
LPで「生はちみつ」と謳いたいと考えていますが可能でしょうか?
はちみつは無添加で、精製加工をしていない天然ものです。

掲載日:2017/7/7
企業名:(非公開)

はちみつの容器・包装や広告の表現規制のルールには、

「はちみつ類の表示に関する公正競争規約」

があります。
その第4条に「事業者は、はちみつの容器又は包装に、次の次号に掲げる事項を表示する場合には、それぞれ当該各号に定める基準に従い表示しなければならない。」とあり、次に「純粋」等の表示規制として「純粋」、「天然」、「生」、「完熟」、「ピュア」、「ナチュラル」、「Pure」、「Natural」その他これらと類似の意味内容を表す文言を表示しようとする場合には、「純粋」又は「Pure」という文言に統一して行わなければならない。」と示しています。

つまり、「生」などの表示をしようとする場合は「純粋」か「Pure」に統一しなければいけないので、「生」の表示はNGということです。

ただし、この第4条の規制は「容器・包装」のみに適用されます。

したがってLPなどの広告には適用されません。
「はちみつ類の表示に関する公正競争規約」には、広告を含めた表示規制が第6条にありますが、ここには「生」などの表示規制がありません。

なので、結論としては、LPなどの広告に「生はちみつ」と謳うことは問題ないといえます。

とはいえ、広告ならどんなはちみつにも「生」を表示することができると考えることは早計です。

はちみつの内容次第では、不当表示を疑われる恐れがあります。

上記第4条に掲げた「純粋」又は「Pure」表示の条件として、「精製はちみつを使用したもの又は添加物を含むものに表示してはならない」(施行規則の第3条)が示されています。

広告などで「生はちみつ」を謳う場合は、これを根拠にして、精製はちみつと添加物を使用していないはちみつに限定すればよいと思います。

御社のはちみつは、無添加で精製加工していないものということなので、LPで「生はちみつ」を謳っても問題ないと考えます。