薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

薬事法の現場で生じている問題にお答えします。

質問したい方はこちら

回答をご希望の方は必ずメルマガ購読をお願いします。

無料メルマガで薬事法に詳しくなりたい方はこちら

健康食品

レスベラトロールの試験結果を商品LPに載せるのはOK?

美容飲料「レスベラトロールの水」のLPに、レスベラトロールを摂取した「肌のハリ」「肌の潤い」の臨床試験結果が掲載されていますが、これはOKですか?

掲載日:2017/6/30
企業名:(非公開)

1.かって平成25年のクリスマスプレゼント(平成25年12月24日消費者庁通知)のQ&Aにおいて

「健康保持増進効果についてウェブ上でデータなどを示すことは薬事法違反にならない」

というAnswerが提示され、5つのパターンが示されていました。
その後、この通知は2015年年初(平成27年1月13日通知)に「薬事法」を「薬機法」に表示替えするのに合わせて改定され5パターン中4パターンはマスキングされましたが、1パターン、

「人の身体を美化し、魅力を増し、容ぼうを変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つことに資する効果」、

だけは残っていました。

さらにその後、昨年の6月30日の消費者庁通知で、平成25年通知が廃止されることが明言されましたが、

「人の身体を美化し、魅力を増し、容ぼうを変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つことに資する効果」
    
はその通知にも残されています。

2.よって、

「人の身体を美化し、魅力を増し、容ぼうを変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つことに資する効果」

は、薬事法規制と健増法規制がダブらない唯一の領域(薬事法が適用されず健増法だけが適用される。言い換えれば、医薬品的効果ではない健康保持増進効果)でエビデンス(合理的根拠)があれば健増法違反とはならない(薬事法はそもそも適用されない)と解釈できそうです。

3.そうだとすると、「肌のハリ」「肌の潤い」は「皮膚を健やかに保つ効果」であり、薬事法は適用されず、健増法はエビデンスが、合理的根拠と言えれば、セーフと言えそうです。