花粉症向け健康茶の広告で「ちり紙」や「マスク」を使用することについて/ 薬事法のお悩みを解決いたします。

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル8階

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

薬事法の現場で生じている問題にお答えします。

質問したい方はこちら

健康食品

花粉症向け健康茶の広告で「ちり紙」や「マスク」を使用することについて

花粉症対策の健康茶の広告で、「ちり紙」や「マスク」といったワードを使用したいと考えています。
例えば「春先になれば欠かせなかったちり紙が今年は不要!」を考えています。
花粉症は述べていないので、問題ないように思いますが、いかがですか?

掲載日:2014/2/25
企業名:(非公開)

「マスク」や「ちり紙」が即NGということはありません。あくまでも文脈次第です。
おっしゃる通り、本件は、明らかに花粉症に対する効果を述べているわけではないので
確実にNGとは言えません。とはいえ、「春先になければ」云々の表現は不自然さがあります。 言い換えれば、この表現に関して誤解のない説明が明確にできない点でOKとも言えません。
「花粉症」に関しては単に「花粉」だけでもNGという行政の見解があるので、慎重に
なるべきでしょう。