体が温まるお茶の効能表現について/ 薬事法のお悩みを解決いたします。

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル8階

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

薬事法の現場で生じている問題にお答えします。

質問したい方はこちら

健康食品

体が温まるお茶の効能表現について

生姜入りのお茶を販売しようと考えています。お湯に溶かして飲むタイプのものです。
体が温まって肌に良いという旨の効能を謳いたいのですが、次のような表現は問題ないでしょうか?
「生姜パワーで体ぽかぽか。肌が内側から明るくなります」

掲載日:2013/11/27
企業名:(非公開)

NGです。
健康食品は身体の具体的変化を標榜できません。
まず「体ぽかぽか(体が温まる)」がNGです。ここは成分の効果としてではなく、
お湯の効果として「温まる」を標榜するなら問題ありません。
たとえば「温かい生姜茶を飲めば体ぽかぽか」はOKです。
生姜の効果を強調したいのであれば、「生姜パワーで寒さに強くなる」だと
NGではありません。「寒さに強い」は、「寒さをものともしないほど健康が
増進した」という意味になるからです。
また「肌が明るくなる」もNGです。「表情が明るくなる」であればOKでしょう。
「表情」は体の部位とは言えません。「健康になって笑顔になった」という意味に解釈できます。