潜在的な肌の老廃物の画像を見せる広告について / 薬事法のお悩みを解決いたします。

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル8階

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

教えて薬事法

薬事法の現場で生じている問題にお答えします。

質問したい方はこちら

化粧品(含む薬用)その他

潜在的な肌の老廃物の画像を見せる広告について

最近、肌にブラックライトを当てて、表面的には見えない潜在的な「シミ予備軍」の画像を見せるシミ対策の広告をよく見かけます。これと似たような方法で、表面的には見えない潜在的な肌の老廃物を見せて、これらが後々黒ずみやくすみになるといったことを標榜したいと考えています。
また、汚れの「除去」はOKだと思いますが、「吸着」という言い方もよく見かけます。かなり強い言い方だと思うのですが、これも問題ないのか、あわせて見解をお聞かせください。

掲載日:2014/5/13
企業名:(非公開)

化粧品の効能の範囲内である「汚れの除去」のロジックで説明できるのでOKです。
実際、細かい汚れや古い角質・埃・花粉等が肌に付着しており、それらは明確には見えません。そういった老廃物を、目に見える黒ずみ・くすみになる前に洗顔で除去するというロジックは可能です。
「汚れの吸着」については、「除去する」という意味にとれるので問題ありません。