会員様専用コンテンツ / 薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

薬事法コンプライアンスのノウハウ ―薬事の虎― ~第228号~

□■□■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       薬事法コンプライアンスのノウハウ ―薬事の虎―
     ~第228号~(12/3/21)
      ~薬事関係者の誰もが読んでる必携メールマガジン~
発行部数:5000超          Produced by “薬事博士”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■□■□
_____________________________________
 今号のラインナップ   
_____________________________________
 
1.質問コーナー
 ※ここでは皆様からのセミナーやメールでのご質問を取り上げます。
  「石鹸売上日本1」と広告に書きたいのですが自社調べでもよいですか?
   また、通販部門で日本1なのですが、それは注に書けばよいですか?
2.健康食品に関する最近の規制の動向、違反事例、そして最近の成功事例を教えます
3.あなたの質問をお待ちします。
 ※ご質問お待ちしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
YA社:年商30億→470億、YU社:年商40億→300億、SH社:年商40億→200億を超え
驀進中。驚異の売上UPコンサルティング!薬事法ドットコム
▲詳しくはコチラ>>> http://ameblo.jp/yakujijohou-trend-hcb/
_____________________________________
1.質問コーナー ※ここではセミナーやメールでのご質問を取り上げます。
_____________________________________
●ご質問
 「石鹸売上日本1」と広告に書きたいのですが自社調べでもよいですか?
 また、通販部門で日本1なのですが、それは注に書けばよいですか?
●“薬事博士”からの回答です。
1.No1表示に関しては消費者庁のガイドラインがあります(H20.6)。
  そこでは「自社調べは好ましくない」とされているので、第三者機関に
  依頼して下さい。私ども薬事法ドットコムには統計学のプロもいるので
  私どもでも可能です。
2.1のガイドラインは「どの部門で1位なのかを書け」と言っていますが、
  「どこで書け」ということは言っていませんので、
  注で通販部門であることを書いても、このガイドラインには違反しません。
3.他方、注で限定するやり方については消費者庁が出している
  「打ち消し表示のガイドライン」(H20.6)にも関係します。
  このガイドラインでは、(1)注は近接した場所に書けと言っています。
  なので、キャッチが右ページ、注が左ページというやり方は不可です。
  (2)注の字の大きさについては、最低8ポイントを要求しているので
  それに従う必要があります。
  以上、(1)(2)をクリアーしていれば、このガイドラインに違反することも
  ありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特別顧問弁護士もいる!高級官僚OBもいる!だから業界No.1!薬事法ドットコム
▲詳しくはコチラ>>> http://ameblo.jp/yakujijohou-trend-hcb/
_____________________________________
2.健康食品に関する最近の規制の動向、違反事例、そして最近の成功事例を教えます
_____________________________________
今年は年初からメイベルモリソン・リアル・ビックタウンとダイエットサプリの
刑事立件が相次いで起こりましたが、それは私どもがメルマガ「薬事の虎」において
予想していたことでした。
この私ども独自のネットワークに由来する情報力と知識力を礎として、
まず健康食品に関する最近の規制の動向、違反事例、そして最近の成功事例を
ご説明する場としてセミナーを開催致します。
具体的に、ダイエットサプリに対する景表法の規制強化、刑事立件の範囲拡大についての
説明を致します。
また、私どもはやずや様やエバーライフ様を始め健康食品に関する様々な成功事例に
関与していますが、このマーケティング戦略を礎として、
次に健康食品に関する最近のマーケティング手法について説明します。
具体的には、テレビや新聞折込チラシの成功事例について説明します。
健康美容ビジネスのプレーヤーや広告関係者必聴のセミナーとなっております。
是非ご参加下さい。
****************************************
健康食品・薬事法マーケティング最新情報
-健康食品に関する最近の規制の動向、違反事例、そして最近の成功事例を教えます。-
≪内容≫
Part1 健康食品に関する最近の規制の動向と違反事例
(1)ダイエットサプリに対する景表法の規制強化
  ・・・リアル事件など
(2)刑事立件の範囲の拡大:卸業者に対する立件
  1.現代書林事件
  2.セルナーゼ事件
  3.メイベルモリソン・リアル・ビックタウン事件
Part2 健康食品に関する最近の成功事例
(1)テレビ通販
(2)新聞折り込みチラシ
(3)その他
●講師:中澤 忠之先生(法政大学非常勤講師、薬事法ドットコムシニアコンサルタント)
    (東大教養大学院卒。薬事法管理者。薬事法ドットコムにおいて薬事チェックを担当)
    林田 学先生( 財)リーガルマーケティング研究財団理事長、薬事法ドットコム特別顧問)
    (東大法大学院卒。大学教授・弁護士を経て現職)
●日時:2012年4月9日(月)午前9時~12時
●場所:新宿NSビル3階会議室3A(旧301)TEL03-3342-4920
●定員:30名
● 会費:*事前振込(税込)
     (1)会員 :20,000円(1名の場合)、@15,000円(2名以上の場合)
     (2)非会員:25,000円(1名の場合)、@20,000円(2名以上の場合)
 一旦ご入金いただいた後にキャンセルされても返金はできかねますが、
 当社の他のセミナーに振り替えて頂くことができます。
 (セミナー料金に差額が生じる場合はその差額は返金します)
●申込方法:
下記1~8をご記入の上、メール(info@yakujihou.com)または FAX(03-6279-0375)でお申込み下さい。
お電話(03-6279-0350)でのお申し込みも可能です。
(1)御社名
(2)ご参加者お名前
(3)ご住所
(4)TEL
(5)FAX
(6)メール
(7)請求書 □要  □不要
 請求書送付先(3)と異なる場合にご記入下さい):
(8)開催日
●無料相談会
終了後、無料相談会を個別に行います。
5社限定。先着順です。 ご希望の方は、セミナー申込時にその旨お伝えください。
定員に到達次第、打ち切ります。  
多数の参加が予想されるため早めのお申し込みをお勧めします。
****************************************
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●行政官の誰もが保有し、行政指導の際にはそれを示して指導されるという
「医薬品・化粧品等広告の実際」(H18.じほう社)。
化粧品・医薬部外品・医薬品・医療機器・健康食品・健康美容グッズを扱う
ビジネスには不可欠の「教典」のような本ですが、とてもわかりにくく
ビジネスの薬事担当者を悩ませています。
そこで、この「教典」を誰もがわかるようにするために
『「医薬品・化粧品等 広告の実際」完全ガイドブック』を刊行しています。
詳しくはコチラ>>> http://ameblo.jp/yakujijohou-fulfill/
●『「医薬品・化粧品等 広告の実際」完全ガイドブック』は 1万5千円(税込)です。
お申込みはコチラ>>> https://ssl.form-mailer.jp/fms/594266a1179276
無料サンプルは コチラ>>> http://ameblo.jp/yakujijohou-fulfill/entry-11111148083.html  
____________________________________
●表現でお困りではないですか?
●もっと沢山、言い換え例をお知りになりたい方のためにテキストを用意しました。
『健康食品・化粧品・雑品 代替表現集―NG表現の変え方がわかります― 』
    (税込み:1万円)
     詳しくはコチラ>>> http://www.yakujihou.co.jp/a/
 *無料サンプルもあります。上記サイトの無料サンプル申込フォームに
 テキスト名を書いてお申し込み下さい。
 *初版は2009年3月ですが、現在の法規制に適合するように改訂済です。
____________________________________
3.質問コーナー
____________________________________
◎ご質問と共に以下のアンケートに対する回答も添えて、info@yakujihou.com
 までお送り下さい。無料でお答えします。
--------------キリトリ線-----------------
1.当会主催の民間資格「薬事法管理者」「コスメ管理者」について。
  (1)内容
 
  (2)価格
 
  (3)告知方法
  についてどう思われますか?
2.現在のメールマガジン及び「薬事法.com」のサイトについて。
  (1)良いと思う点
  (2)改善が必要だと思う点
--------------キリトリ線-----------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●媒体審査でお困りではないですか?
●しっかりした薬事法の知識があれば、
 根拠不明確な媒体審査を見直させることも可能です。
 そのためには、媒体審査担当者以上の薬事法の知識を持つことが必要です。
●そこで人気が高まっているのが、当会主催の民間資格「薬事法管理者」。
 イーラーニング方式なのでいつでもどこでも学べます。
詳しくはコチラ>>> http://www.yakujihou.net/
●お申込みはメールにて下記アドレスへ
            info@yakujihou.net
—————————————————————————
●仕事が取れないとお嘆きの広告代理店の方!
 健康美容商材の広告を扱うのに薬事法の知識もないのでは、
 クライアントの信頼は得られません。
●担当者に「薬事法管理者」の資格を取得させることが仕事を呼び込むコツです。
 株式会社セプテーニでは「薬事法管理者」の資格保有者をそろえた、
「薬事セクション」を大きなウリとしています。
詳しくはコチラ>>> http://www.yakujihou.net/
●お申込みはメールにて下記アドレスへ
            info@yakujihou.net
_____________________________________
以上、如何でしたでしょうか?
□原則として毎週火曜日にお届けします。
このメールマガジンは
1.当メールマガジンに登録された方
2.株式会社日米総研の会員・旧会員
3.株式会社日米総研のセミナー案内に登録されていた方
4.当会の会員の方々にお送りしております。
また、当会がお客様に有益な情報と判断したお知らせ・ご案内を配信すること
があります。
□メールマガジンの変更・停止はこちら
配信停止を希望の方はお手数ですが、下記画面よりお願い致します。

http://www.yakujihou.com/mail_magazine.html

□当メールマガジンの内容に関するお問い合せはこちらまでお願い致します。

http://www.yakujihou.com/cgi-bin/mail/index.html