会員様専用コンテンツ / 薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

会員企業様向け緊急情報

ビックタウン(東京都中央区)の元社長、近藤勝俊容疑者(40)と、同社元商材卸事業部長の的場大昌容疑者(34)の2人は、昨年10月、埼玉県内にある倉庫に、医薬品販売業の許可もなく、薬事法で承認されていない「やせ薬」約5400点を販売するために保管していたとして、警視庁生活環境課に逮捕されました。ダイエットサプリについて「摂取した油分99.87%を排出する」と効能を述べる広告素材を作っていたため医薬品扱いとなっています。2人は「利益を上げるためにやった」と容疑を認めているそうです。
その他の情報
1.同社はネット上で「摂取した油分99.87%を排出する」などと謳い販売。
2.警視庁生活環境課によりますと、「やせる」と称した商品は、単なるビタミンが含まれているだけでダイエット効果はないそうです。
3.同商品の販売で2010年10月から、およそ1億5千万円を売り上げたということです。
〈会員様への情報〉
1.BtoBであっても健康食品の効能をうたう素材を提供し、それがすぐtoCに転用出来るようになっている場合には、販売目的貯蔵で薬事法違反となり刑事事件のリスクもあることが明確になりました。
2.セルナーゼ事件、メイベルモリソン事件、リアル事件、ビックタウン事件と続いた一連の刑事事件はこれで収束に向かうものとみられます。