会員様専用コンテンツ / 薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

会員企業様向け緊急情報

『健康食品卸売業者(東京の「メイベルモリソン」社長と役員)、薬事法違反の疑いで逮捕』
【2012.01.13】
「メイベルモリソン」社長、渡辺茂容疑者(41)と同社役員、上田哲也容疑者(39)は12日、無許可で「やせ薬」を販売していたとして、警視庁生活環境課より販売目的貯蔵の薬事法違反の疑いで逮捕されました。容疑者2人は、健康食品「アミノプロスト」など約4000点を販売する目的で倉庫に保管していたということです。調べに対し、2人は容疑を認めているそうです。同課によりますと、メイベル社は健康食品を「筋肉増強、脂肪を効率よく燃焼」などと謳い販売、平成22年11月~23年9月、健康食品だけでも売上が約3570万円あったとみられているそうです。同課が昨年9月、健康食品をめぐる薬事法違反で別の通販会社社長らが逮捕されたところから、メイベル社は家宅捜索されていました。
※会員様閲覧別情報があります
〈会員企業様へのコメント〉
 
1.「セルナーゼ」事件関連はまだ終息してはいないことがわかります。家宅捜索を受けたものの未だ逮捕には至っていない事案の今後が注目されます。
2.「販売目的貯蔵」という変わった容疑で逮捕したのはメイベル社が基本的には卸のビジネス(但し、B to C用の広告素材も提供)をしていることを考慮したもの。おそらく、①B to B では未承認医薬品「販売」とは立件しにくい、②しかし、「to C に売ることも見据えて保管していた」という容疑なら立件できる。という考えでしょう。