会員様専用コンテンツ / 薬事法のお悩みを解決いたします。

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル8階

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

―薬事の虎―機能性表示制度×単品リピート通販で 100億を達成する方法(その6) ~693号~(14/11/17)

□■□■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━
薬事法コンプライアンスのノウハウ ―薬事の虎―
~693号~(14/11/17)
~薬事関係者の誰もが読んでいる必携メールマガジン~
<実績No.1>発行部数:7000突破
Produced by Mike Hayashida
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■□■□
薬事法ドットコムの細谷です。最近の健食がらみの摘発
事案を見ていると、いつも先生が仰っているような
乗るものはよいが、乗らねば厳しく取り締まるという
消費者庁のスタンスをひしひし感じます。
そう、機能性表示は乗った方が良い、のではなく
乗らなければダメな制度なのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
林田です。
いきなりですが、今月前半だけで、
ガンに効くなどと言って
健康食品を販売したとして
刑事事件が2件ありました。
1件は東京、もう1件は岐阜の事件です。
機能性表示制度はアメとムチです。
機能性表示に乗れば効果はうたえますが、
機能性表示に乗らないで効果をうたっていると
厳しく取り締まられます。
決して甘く考えないで下さい。
岐阜の事件は奥が深そうな事件なので
下記もご覧ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
陽光クリニックにおけるヨウ素健食販売薬事法違反事件
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
A:今月11日に岐阜県羽島市の「陽光クリニック」の
元代表と元事務長がヨウ素の健康食品を「免疫力を
高めガンに効く」とうたって販売していたとして、
岐阜県警に薬事法違反で「再逮捕」されたね。
「再逮捕」と言うからには2回目なんだろうけど、
1回目の逮捕の理由は何だったの?
B:1回目は10月22日。医師の資格がないのにヨウ
素入りの注射液を注射するよう看護師に指示したと
いう医師法違反の容疑で逮捕されてるんだ。
A:看護師が注射するのは日常茶飯事のことじゃないの

B:医師の指示の下に看護師が注射するのは適法だけど
このケースはそうじゃなかったということだね。
A:なるほどね。とは言えクリニックでやっているんだ
から、ずいぶん厳しいという気がするなあ。
B:そうだね。本命は今回の薬事法違反事件なんだと思
うよ。
A:それでも厳しい気がするよ。クリニックが治療にヨ
ウ素の健康食品を使うのは問題ないんじゃないの?
B:そうなんだけど、いくらクリニックがあるとは言え
診療なしに効能をうたって健食を売ったら薬事法違
反になるよ。
A:なるほど。ただそれはセオリーとしてはわかるんだ
けど、クリニックが絡んでいるのに薬事法違反で立
件されるというのは珍しい気がするね。
B:それはそうだね。
A:何だか、そのクリニックに謎がありそうな感じだけ
ど。
B:たしかに。このクリニックは岐阜の訪販会社K社が
運営するホテルの2階に開設されて、患者の大半は
K社の顧客だったみたいだよ。さらに開業日の約半
分は医師がいなかったとも言われているんだ。
A:このクリニックはK社の隠れミノって感じに見える
ね。
B:K社は今年9月に消費者庁から特商法違反
-勧誘目的不明示、公衆の出入りしない場所での
勧誘-

で指示処分を受けてるんだ。
今回の薬事法違反事件は「点と線」の
1コマなのかもしれないね。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
機能性表示制度×単品リピート通販で
100億を達成する方法(その6)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
薬事法ドットコムの持田です。
最近、名言探しに凝ってます。
「失敗というのは幻想にすぎない。
あるのは行動を起こしたという結果だけだ。」
(アンソニー・ロビンズ)
1回100万円以上の参加料を取る世界NO1コーチの
言葉です。
成功するためには、その手前でおきる失敗を
恐れないことです。
しかしながら、無防備、無知での挑戦は、
確実に失敗しますし、時間とお金の無駄です。
通販業界においてもっともホットな話題は、
来年始まる健康食品の機能性表示制度です。
この新制度にチャレンジすることは非常に
意義がありますし、成功する確率はかなり高いです。
なぜなら、
機能性表示に乗った健康食品=機能性表示食品は、
いままで、薬などにしか認められていなかった
「身体への効果効能」がうたえるようになるからです。
便通改善、
ひざの健康維持、
血管の健康維持、
脳の健康維持、
花粉対策
などの効果がうたえます。
これはもはや「薬」です。
あなたの商品が、「薬」となり、
あなたの会社は、「製薬会社」となるのです。
そのための費用は、ヒト臨床試験などで、
たったの2000万円から。
こんなマンションの小部屋を1部屋買うような
値段で、ミニ製薬会社になれるのです。
しかし、この機能性表示制度には、
いくつかのトラップが仕掛けられています。
ですので、既存商品をこの制度に乗せるのは、
至難の業です。
消費者庁が、今年の7/30に発表している検討会報告書。
これが、現時点での「核」になる資料です。

http://www.caa.go.jp/foods/pdf/140730_2.pdf

しかし、これを読んでもよくわからないことだらけです。
ここに、書いていないことも多々あります。
たとえば、「販売前の60日前までに届出をする」
という文言は、この報告書には記載がなく、
食品表示法の改正案(下記リンク「別紙」)に
記されています。

http://urx.nu/ebEC

「機能性表示食品」であるかないかの証明は、
この届出後に発行される「受理番号」が
あるかないかです。
また、ほかにもトラップが仕掛けられています。
成分に関するトラップ
臨床試験に関するトラップ
安全性に関するトラップ
製造工場に関するトラップ
などなど。
詳しくは、11/25のセミナーでお話します。
このセミナーでは、単品リピート通販で、
実際に成功を収めた企業の事例を交えながら、
1.WEBマーケティングでコンバージョンを
激増させる方法
2.売れる商品の選定方法、原価を半分に下げる
テクニック
3.来年始まる機能性表示制度を
利回り1000%投資に変える方法
などをお伝えします。
スペシャル講師3人が、3時間、
アンソニー・ロビンズ並みの熱意をもった
トークを繰り広げ、
たったの5,000円です!
是非、ご参加ください。
(注)今回のセミナーは、広告代理店、制作会社、
メディアの方のご参加はご遠慮いただいております。
ご容赦ください。
****
<セミナー概要>
●タイトル:
「薬事法ドットコム×サイバーエージェント
ジョイントセミナー
機能性表示制度×単品リピート通販で
100億を達成する方法」
↓    ↓    ↓
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

http://r.swe.jp/u/1004/tsuhanseikou

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
●開催日時 2014年11月25日(火) 17:00~20:00
●会場:渋谷マークシティ セミナールーム 13F
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1

http://www.s-markcity.co.jp/access/

●受講料:5,000円(税込,当日払い)
●概要:
*第一部「Webから見て考える、LTV改善方法と
その仕掛け」
株式会社サイバーエージェント
インターネット広告事業本部
ダイレクトマーケティング局
エグゼクティブコンサルタント
稲益 仁
*第二部「生き抜くための商品設計と原価率削減方法」
株式会社オプティマ製薬
代表取締役社長 白土 裕
*第三部「日本初公開!健康食品、機能性表示制度は、
株、FX、不動産、海外投資を超える!
年利回り1000%以上の驚愕の投資方法」
株式会社 薬事法ドットコム
エグゼクティブ・プロデューサー
持田 騎一郎
●申込:要事前予約 お支払いは当日払です。
(注)今回のセミナーは、広告代理店、制作会社、
メディアの方のご参加はご遠慮いただいております。
ご容赦ください。
(1) WEB >

http://www.yakujihou.com/seminar/index.html

(2)メール > info@yakujihou.com、
FAX > 03-6279-0375の場合:
セミナー名、会社名、参加者名、住所、メールアドレス、
電話番号、FAX番号、を明記し、お申込み下さい。
(3)電話 > 03-6279-0350 でのお申込みも可能です。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
◆メールマガジンの配信先変更・停止はこちら
配信停止を希望の方は
件名に「配信停止希望」とお書き添えのうえ
下記アドレスにメールをお送りください。
info@yakujihou.com
◆当メールマガジンの内容に関する
お問い合せはこちらまでお願いいたします。

http://www.yakujihou.com/cgi-bin/mail/index.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
[メールマガジン]薬事法コンプライアンスのノウハウ
― 薬事の虎 ―
[発行元] 薬事法ドットコム

http://www.yakujihou.com

メール:info@yakujihou.com
TEL:03(6279)0350(平日9:00~18:30)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(http://www.yakujihou.com )