会員様専用コンテンツ / 薬事法のお悩みを解決いたします。

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル8階

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

―薬事の虎― MR0.2のインフォマーシャルとMR0.6の折込チラシ ~629号~(14/08/05)

□■□■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       薬事法コンプライアンスのノウハウ ―薬事の虎―
     ~629号~(14/08/05)
      ~薬事関係者の誰もが読んでいる必携メールマガジン~
<実績No.1>発行部数:6000突破 Produced by ”薬事博士”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■□■□
薬事法ドットコムの細谷です。気がつけば来週はお盆。薬虎の発行は明日の水曜ま
でとさせていただき、次回発行は18日(月)となります。よろしくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8月29日(金)開催
健食機能性表示パターン別戦略研究
明らかになった機能性表示の全貌を踏まえ、機能性表示する人・しない人が今すぐ
採るべき戦略を第一人者がくまなく説明する健食プレイヤー必聴のセミナーです。
▲詳しくはこちらから>>>http://r.swe.jp/u/1004/senryaku0829
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本号のトピックス
1.MR0.2のインフォマーシャルとMR0.6の折込チラシ
2.役に立たない試験機関
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
1.MR0.2のインフォマーシャルとMR0.6の折込チラシ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
△動画案内はこちらから>>>http://youtu.be/1mRkeIPkKAA
インフォマーシャルは制作費に随分差があります。
短尺だと、安いものは200万弱、高いものは700万強というところです。
安いものにすると、パターンが決まっています。
街頭インタビューがあり、体験者のトライがあり、スタジオでのトークがあり、と
いう具合です。
制作側は大したアイデアもなく、商品研究もせず、大量生産のようにインフォマー
シャルを仕上げていきます。
結果、どの会社のインフォマーシャルも同じような内容になり視聴者にも刺さると
ころがなく、結局MR0.2くらいしか結果を出せません。
では高ければよいかというと必ずしもそうではありません。
高いインフォマーシャルの多くはタレント代や撮影費にコストをかけています。
健康食品や化粧品の場合、製作者が何にフォーカスすべきなのかがわかっていない
ので、的はずれなところにコストを費やしてしまうのです。
これではいくらコストをかけてもやはりMRは0.2です。
「顧客拡大にはインフォマーシャル」という巷のセオリーに安易に乗ってはいけま
せん。インフォマーシャルを成功させるにもやはりリーガルマーケティングが必要
なのです。
そのヒントは、MR0.6の折込チラシにあります。
8・26の研究会ではインフォマーシャルについてもお話ししましょう。
-------------------------------------
○8月26日(火)開催
リーガルマーケティング研究会
~定価15000円でもMR0,6を可能にする折込チラシの秘密
▲詳しくはこちらから>>>http://r.swe.jp/u/1004/legal0826
△動画案内はこちらから>>>http://youtu.be/1mRkeIPkKAA
MR(メディアレーション)の決め手は、綿密なリサーチだけで決まるわけでは
ありません。それは十分条件ではありますが、必要条件ではないのです。
化粧品広告の決め手は
1.刺さる訴求ポイントをおさえること
2.そこに至る道筋を見きわめること
多くの成功事例を導いたリーガルマーケティングの提唱者が、満を持して少人数
ゼミ形式で送るリーガルマーケティングノウハウを学ぶ決定版のスペシャルセミ
ナーを開催します。
あなたの熱意でノウハウはいくらでも引き出せます。
●セミナー項目
1.MR0,2の折込チラシ
2.MR0,6の折込チラシ
3.化粧品広告において最も刺さる訴求ポイントは何なのか?
4.その訴求ポイントに至るにはどうしたらよいのか?
●講師: 林田 学(筆名.學武)
東大法大学院卒。大学教授・弁護士を経てリーガルマーケティング研究財団理事
長。平成14年度薬事法改正のための委員会委員。
1995年から600社以上の薬事法・景表法に関するコンサル経験を持つスペシャリスト
●日時: 2014年8月26日(火)  13:30-15:00(開場 13:00-)
●場所: 薬事法ドットコム3F   東京都新宿区西新宿2丁目4番1号
●定員: 10名
●参加費:事前振込、もしくはカード決済
 非会員2万9千円、会員(YDCシルバー・ゴールド・ダイヤ)2万4千円
 ※2名以上でのご参加の場合、お一人当たり3千円割引
 ※一旦ご入金いただいた後にキャンセルされても返金はできかねますが、当社の
  他のセミナーに振り替えて頂くことができます(セミナー料金に差額が生じる
  場合はその差額は返金します)。
●お申込方法:
(1)お申込みフォーム(http://www.yakujihou.com/seminar/mail02/index.html)
(2)メール(info@yakujihou.com)・FAX(03-6279-0375)の場合:
 1)セミナー名、2)会社名、3)参加者名、4)住所、5)メールアドレス、
 6)電話番号、7)FAX番号 を明記しお申込み下さい。
 ※請求書が必要な場合は、その旨をご記入下さい。
(3) 電話(03-6279-0350)からのお申込みも可能です。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2.役に立たない試験機関
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
これまでの説明から、機能性表示と機能性広告は使い分けていかなければならない
、ということがわかったと思います。
「ひざの痛み」という表示が機能性表示としてはリスクがあると思うのであれば、
機能性表示は「ひざの健康に」としておき、「ひざの痛みに」はLP等に使うこと
を検討する、こういう多角的発想が重要なのです。
そして、その場合には「ひざの健康」だけでなく「ひざの痛み」のエビデンスも取
っておく必要があります。
後者は専らLP等の景表法対策として必要です。
しかし、巷の試験機関にはこういう発想がありません。
「ひざの健康に」で機能性表示をしたいと話を持ちこめば、その表現をゴールとし
た試験計画を設計するだけです。
後になって、LPで「ひざの痛み」と表現したいと考えたときに、
「しまった!エビデンスがない」
「あの時、一緒にエビデンスを取っておけばよかった」
と悔やむことになるだけです。
機能性表示だけでなく、その先にある機能性広告まで見据えて試験設計ができるの
はYDC(JACTA)だけなのです。
-------------------------------------
○8月29日(金)開催
健食機能性表示パターン別戦略研究
機能性表示する人・しない人が今すぐ採るべき戦略を説明します。
▲詳しくはこちらから>>>http://r.swe.jp/u/1004/senryaku0829
●概要
これまでのセミナーでは、主に機能性検討会での議論にアップトゥデートした全般
的な内容を中心にお届けしてまいりました。
いよいよ見えてきた制度の全容を踏まえ、今や健食プレイヤーは具体的な各論に踏
み込んだ実戦的な内容についてのレクチャーが必要です。
薬事法ドットコムでは、この分野で他の追随を許さない第一人者を講師に迎え、新
制度下で勝ち残る戦略を、分かりやすくパターン別に分析しお伝えします。
●セミナー項目
Part1.機能性表示をするかしないか、ジャッジの判断基準
Part2.機能性表示をテコに売上3倍UPを目指すプレーヤーのための戦略
Part3.安上がりで機能性表示を済ませたいプレーヤーのための戦略
Part4.機能性表示をしないプレーヤーのための戦略
●講師: 林田 学(筆名.學武)
東大法大学院卒。大学教授・弁護士を経てリーガルマーケティング研究財団理事長。
平成14年度薬事法改正のための委員会委員。
1995年から600社以上の薬事法・景表法に関するコンサル経験を持つスペシャリスト
●日時: 2014年8月29日(金)  13:30-16:30(開場 13:00-)
●場所: 新宿NSビル  3-I会議室   東京都新宿区西新宿2丁目4番1号
●定員: 50名
●参加費:事前振込、もしくはカード決済
非会員3万円、会員(薬事法ドットコムのシルバー・ゴールド・ダイヤ)2万5千円
※2名以上でのご参加の場合、お一人当たり3千円割引
※一旦ご入金いただいた後にキャンセルされても返金はできかねますが、当社の他
のセミナーに振り替えて頂くことができます(セミナー料金に差額が生じる場合は
その差額は返金します)。
●お申込方法:
(1) お申込みフォーム(http://www.yakujihou.com/seminar/mail02/index.html)
(2) メール(info@yakujihou.com)・FAX(03-6279-0375)の場合:
 1)セミナー名、2)会社名、3)参加者名、4)住所、5)メールアドレス、
 6)電話番号、7)FAX番号 を明記しお申込み下さい。
 ※請求書が必要な場合は、その旨をご記入下さい。
(3) 電話(03-6279-0350)からのお申込みも可能です。
●無料相談会:
セミナー終了後、無料相談を個別に行います。
5名様限定。先着順。ご希望の方は、セミナー申込時にその旨をお伝え下さい。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
薬事法管理者、美健ECマネージャー認定試験・受験対策講座
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
知識ゼロから3ヶ月で専門家に!
条文を読んでも薬事法の実態はわかりません。WEBマネージメントの知識だけ
では美健ECを勝ち抜けません。事例と実践に合わせた知識だけが意味を持ちま
す。美健ECを志す方、企業でエキスパートを目指す方はぜひこの講座で学んで
下さい。
☆美健ECマネージャーを目指す方(先行予約受付中!)
   美健ECマネージャー>>>http://r.swe.jp/u/1004/biken
☆健食中心に勉強したい方:
    薬事法管理者>>> http://yakujimagic.com/kouza/index.html
☆コスメを深く勉強したい方:
    コスメ管理者>>> http://yakujicosume.com/index.html
 
_/__/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
当メールマガジンは、以下の皆様に随時お届けします。
1.当メールマガジンに登録された方
2.「株式会社薬事法ドットコム」および、その前身団体の会員・旧会員様
3.お名刺を頂いた方
※当会の判断にて、お客様に有益と思われるお知らせ・ご案内に関しては、
 上記以外の方にもご配信することがあります。
◆メールマガジンの配信先変更・停止はこちら
配信停止を希望の方はお手数ですが、件名に「配信停止希望」とお書き添えのうえ
下記アドレスにメールをお送りください。
info@yakujihou.com
◆当メールマガジンの内容に関するお問い合せはこちらまでお願いいたします。

http://www.yakujihou.com/cgi-bin/mail/index.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
[メールマガジン]薬事法コンプライアンスのノウハウ ― 薬事の虎 ―
[発行元] 薬事法ドットコム
    http://www.yakujihou.com
メール:info@yakujihou.com
TEL:03(6279)0350(平日9:00~18:30)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(http://www.yakujihou.com )