会員様専用コンテンツ / 薬事法のお悩みを解決いたします。

03-6274-8781 お問い合わせ・資料請求はこちら 会員登録はこちら

―薬事の虎― 1) 健食プレーヤーが1年半で年商10億に!(その1)2) 緊急配信!活発化する景表法に基づく責任追及(その1)~439号~(13/09/17)

□■□■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       薬事法コンプライアンスのノウハウ ―薬事の虎―
     ~439号~(13/09/17)
      ~薬事関係者の誰もが読んでる必携メールマガジン~
<実績No.1>発行部数:5000超 Produced by ”薬事博士”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■□■□
薬事法ドットコムの細谷です。
今週も耳寄りな情報をお届けします。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 今号のラインナップ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
1) 健食プレーヤーが1年半で年商10億に!(その1)
       2) 緊急配信!活発化する景表法に基づく責任追及(その1)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
_____________________________________
1)健食プレーヤーが1年半で年商10億に!(その1)
_____________________________________
健食単品通販の雄、山田養蜂場さんのみならず、やずやさんまで化粧品に乗り出し、
プレーヤーの健食離れが進んでいます。
そんな中で、私どもがサポートするA社は、ある健食を1年半で年商10億に育て上げ
ました。成功要因は2つあります。
一つは、原価率が10%以下で利益率が高く、その分、広告予算が増えたこと。
もう一つは、考え抜かれたマーケティング戦略。
たとえば、徹底したテスト戦略。クリエイティブを数種作って、安いフリーペーパー
に載せ、2ヶ月間のLTVを比較します。2ヶ月にするのはそのスパン設定ならリピ
ートの可能性があるからです。
つまり、リピートを生み出せるクリエイティブとそうでないクリエイティブのスクリ
ーニングを行うわけです。
9/27にはそんなノウハウをレクチャーするセミナーを行います。
どうしたら原価率10%以下にできるか?
安くて効率のよいフリーペーパーは何か?そんな情報も得られます。
=====================================
9月30日(新宿NSビル)
健食OEM乗り換えセミナー
「原価率10%以下で年商10億達成!」そのノウハウ教えます」
  ▲詳細とお申込みはこちらから>>>http://r.swe.jp/u/1004/XU28jpYEmAbx
もしあなたの会社が健食を売っていて、その原価率が10%を超えているとしたら
あなたの会社は「負け組健食プレーヤー」です。
私どもYDCは原価率10%以下で健食を供給しつつ、1年半で年商10億を達成した成
功事例をプロデュースしています。
1)原価率10%以下、そして 2)YDCのノウハウ、これで1年半で年商10億に到達
できます。
このセミナーではそのノウハウを教えます。
【セミナーの内容】
I. 原価率10%以下なら1年半で年商10億に至れるワケ-ある成功事例
 1.先発の成功事例のPro/Con分析をする
 2.高い利益率が生み出す広告予算を先発の空白メディアに投入する
 3.メディアとクリエイティブとオファーの最適の組み合わせを構築する
 4.クロスセルでLTVを拡大し、拡大したLTVで高CPOメディアも取りに行く
II. YDCが開発した1年半10億ハイウェイ
 1.数値管理システム
  最強の広告別ROI分析システム
2.広告
  1)クリエイティブの必勝法則
  2)5万円で使える最適なテストマーケティング媒体
  3)低CPOを実現する有料媒体リスト
3.コールセンター
  1)定期継続回数を20%改善するトークスクリプト
  2)オペレーター育成の3ステップ
4.物流
  1)メール便送料を半額にする
  2)商品未着率を劇的に下げる
5.無能な経営者から脱却する事業計画
III. 商品があって販促を考えるのではなく、販促から商品を企画する
 1.市場調査-競合調査と顧客調査
 2.説得力あるコンセプトが作れるか
 3.エビデンスは作れるか
 4.開発秘話は作れるか
 5.第1位、日本初が作れるか
IV. 原価率10%以下で勝てるワケ
 1.安くて訴求力のある原料を採用する
 -高い「もろみ酢」より安い「大豆ペプチド」の方がアミノ酸高含有
 2.原料を海外から輸入している場合は商社をはずし直輸入にする
 3.基材を変えて価格を10円/袋下げる
 4.プラセボ効果が満足感の源
●講師:林田 学(筆名.學武)YDC商品企画部コンサルタント
東大法大学院卒。大学教授・弁護士を経てリーガルマーケティング研究財団
理事長。平成14年度薬事法改正のための委員会委員。
1995年から600社以上の薬事法・景表法に関するコンサル経験を持つ
スペシャリスト。
●講師:他 YDC商品企画部コンサルタント
●開催日時:2013年9月30日(月) 13時30分~16時30分(3時間)
●場所:新宿NSビル3階 会議室 3-A
〒160-0813 東京都新宿区西新宿2−4−1
●定員 : 30名(定員になり次第、受付を終了します)
●受講料(税込み、事前振込)
一般:25,000円、会員:20,000円(シルバー・ゴールド・ダイヤ会員)
※2名以上でのご参加の場合、お一人当たり3千円割引
_____________________________________
2) 緊急配信!活発化する景表法に基づく責任追及(その1)
_____________________________________
先週金曜日、消費者庁はM社のダイエットサプリの広告に対して措置命令を下しま
した。消費者庁では7月に組織再編を行い表示対策課を強化しましたが、それ以降、
景表法に基づく責任追及は厳しくなっており、今後、さらなる措置命令も予想され
ます。
また、都庁の「表示指導係」は最近次のような行政指導の予告とも言えるようなメ
ールを多数の会社に送っています。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
会社名 ご担当者 様
こちらは、東京都庁で「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」を所管する
部署です。
※本メールは東京都の委託を受けた事業者が送信しています。
東京都では、インターネット上の広告表示について、景品表示法に抵触するおそれ
のある
消費者に誤認を与えるような表示が行われていないかどうか、
定期的に監視を行っております。毎月、所在地が東京都以外の事業者様も含め、無
作為に抽出した広告について
その表示を行っている皆様宛てにこのメールを送信しています。
今後、貴社の表示を拝見し、不当表示につながるおそれのある表示が見られた場合

東京都の景品表示法担当からお問合せをさせていただくことがありますので、よろ
しくお願いいたします。
なお、現在インターネット上には、不当表示につながりかねない広告表示が多く見
受けられる状況にあります。
貴社におかれましても、下記URL等を参考にして、景品表示法その他の広告表示に
関係する
法令の趣旨に沿った表示内容とするようお願い申し上げます。
(特に気をつけていただきたい表示)
◆商品の内容等について、効能・効果を標ぼうする表示
◆商品の効果等を強調するための、利用者の体験談、専門家等の推薦、実験データ
 等の表示
◆二重価格表示
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
このように、景表法に基づく責任追及は俄かに活発化しており、プレーヤーの方々、
広告代理店の方々も景表法のルールとペナルティを正しく理解する必要があります。
そこで、景表法コンプライアンスの第一人者と自負する私どもYDCは、10月3
日に予定されていたセミナーの内容を急遽変更し、景表法対策セミナーを緊急開催
することとしました。
=====================================
緊急開催!
10/3 激化する景表法に基づく責任追及への対処法
-最悪、返金と商品抹殺に至るリスクのマネジメント-
  ▲詳細とお申込みはこちらから>>>http://r.swe.jp/u/1004/GzSfDfEugsTQ
セミナー内容
I.景表法に基づく責任追及の仕組み(不実証広告規制とは)
II.変化して来た最近の行政の動向
 1.7月の組織改編以降大きく変化した消費者庁の動向
 2.消費者庁に連動して変化して来た東京都ほか自治体の動向
III.措置命令、指示処分のダメージ(変化して来たペナルティ内容を知る)
 1.メディアとの連動と返金要求
 2.HPへの記載
 3.「同種の商品」をも対象に加え、改訂版商品への逃げ道を防ぎ、商品を抹殺す
  る景表法のペナルティ
IV.注意を要するフィールドはどこか?
V.最悪のダメージに至らぬようするにはどうしたらよいのか
 1.決め手となるのは合理的根拠
 2.とても重要な臨床試験の設計・ディレクションそして統計処理(有意差がない
  結果を医学雑誌に掲載しているX社の蹉跌)
 3.合理的根拠と認められるものと認められないもの(メーカー資料や体験談は全
  くNG)
●講師:林田 学(筆名.學武)YDC商品企画部コンサルタント
東大法大学院卒。大学教授・弁護士を経てリーガルマーケティング研究財団
理事長。平成14年度薬事法改正のための委員会委員。
1995年から600社以上の薬事法・景表法に関するコンサル経験を持つ
スペシャリスト。
●講師:松澤 建司 YDC顧問・パートナー弁護士
早稲田大学法学部卒。23年に及ぶ弁護士経験を持つ。
誠実・的確・迅速なリーガルサービスの提供を心がけ、一般民事事件を中心に
家事事件・企業法務を取り扱っている。
●開催日時:2013年10月3日(木) 13時30分~16時30分(3時間)
●場所:新宿NSビル3階 会議室 3-A
〒160-0813 東京都新宿区西新宿2−4−1
●定員 : 30名(定員になり次第、受付を終了します)
●受講料(税込み、事前振込)
一般:30,000円、会員:25,000円(シルバー・ゴールド・ダイヤ会員)
※2名以上でのご参加の場合、お一人当たり3千円割引
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
以上、如何でしたでしょうか?
当メールマガジンは、以下の皆様に随時お届けします。
1.当メールマガジンに登録された方
2.「株式会社薬事法ドットコム」および、その前身団体の会員・旧会員様
3.お名刺を頂いた方
※当会の判断にて、お客様に有益と思われるお知らせ・ご案内に関しては、
 上記以外の方にもご配信することがあります。
◆メールマガジンの配信先変更・停止はこちら
配信停止を希望の方はお手数ですが、件名に「配信停止希望」とお書き添えのうえ
下記アドレスにメールをお送りください。
info@yakujihou.com
◆当メールマガジンの内容に関するお問い合せはこちらまでお願いいたします。

http://www.yakujihou.com/cgi-bin/mail/index.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
[メールマガジン]薬事法コンプライアンスのノウハウ ― 薬事の虎 ―
[発行元] 薬事法ドットコム
    http://www.yakujihou.com
メール:info@yakujihou.com
TEL:03(6279)0350(平日9:00~18:30)
*当会はヘルスケアビジネスの適法で効果的なプロモーションの
コンサルを行っております。
*コンサル事例は500社超!
大手・有名企業様を含め、様々な成功事例のプロデュースをいたしました。
*当会の会員制度はこちらをご覧下さい。
 ⇒ http://www.yakujihou.com/co/memberinfo3.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
(http://www.yakujihou.com )