健康食品・医薬部外品

景表法から問われるのは、その広告で謳われている効能や効果が、
事実であるかどうか(合理的根拠の有無)です。
また、健康増進法がターゲットとするのは、虚偽誇大広告です
(虚偽誇大を予見できる立場のアフィリエーター・広告代理店・
ASPも責任を問われます)。


合理的根拠を提出できずに措置命令に至れば、企業存続の危機に陥ります。
エビデンスを持たずに健康食品やサプリメントを販売することは、
もはや出来ないと言っても過言ではありません。

費用

試験実績

健康食品・医薬部外品

  • 痩身(抗肥満効果)
  • 便秘改善
  • タイムリリースのアミノ酸吸収
  • 免疫力向上(抗酸化力改善、抗炎症作用改善)
  • 食後の血糖値上昇
  • ひざ痛(膝機能改善)
  • アレルギー
  • アトピー
  • 美白
  • 抗シワ
  • 育毛
  • バストケア(バストアップ)
  • リバウンド防止
  • 肌改善(乾燥肌改善、くすみ改善)
  • 冷え改善
  • むくみ改善(むくみ抑止)
  • 安全性(過剰摂取)
  • シミ
  • 精力増強
  • 口臭改善、体臭抑制効果
  • 鼻水・鼻づまり改善
  • 肥満予防効果(内臓脂肪・体脂肪減少)
  • 低血圧改善(血圧・血流改善)
  • アルコール代謝促進、肝機能改善
  • 関節痛改善(膝、肘、腰)
  • 認知機能維持改善
  • 更年期症状の改善
  • 泌尿機能改善
  • 眼精疲労・目の調節機能改善、夜間視力改善
  • 生理諸症状の改善

※検討されている試験の記載がない場合は、お気軽にご相談ください

JACTAのデータを広告ベースにしている例

ベース例1

ベース例2

ベース例3

試験論文を医学誌に掲載できます。

試験論文を医学誌に掲載できます

お問い合わせ
お問い合わせはコンシェルジュ金子までお気軽にどうぞ
アクセス
臨床試験場へのアクセス
なぜJACTAなのか
ストーリーで納得JACTAの優位性
TOP