薬事法のお悩みを解決いたします。【薬事法ドットコム】

PHARMACEUTICAL LAW WISDOMS薬事法の事なら薬事法のスペシャリストにお任せ下さい。薬事法ドットコム

〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-2-27 3階

お電話でのお問い合わせは03-6279-0350 平日9:00-18:00受付 FAXは03-6279-0375(24時間受付) お問い合わせはこちらから
 

医師の自宅診療と診療所との関係について

                                        (昭和25.1.12 医収16)
【照会】
1.医学校の教官若しくは助手又は保健所若しくは病院勤務の医師が、自己の公務とは全然
  関係なく、他の需めに応じて、自宅又は患者の家に出張して診療をなすことは医業である
  との見解は妥当であるか。

2.前項が妥当とすれば、医療法第一条第二項〔現行、第一条の五第二項〕の規定により、
  その医師の自宅は「診療所」であるとする考えは妥当か。

【回答】
1.所問のような医師が、公務とは全然関係なく診療をなすことは、それが反覆継続してなす
  意思を有する場合には、勿論報酬の有無にかかわらず医業をなすことに該当する。

2.従って、その医師は、自宅で診療を行う場合は、医療法第八条の規定によって診療所開設
  の届出をすべきものであり、出張のみによって診療に従事する場合も、同法第五条の規定
  によりその届出をすべきものである。


友人にこのページを知らせる
あなたのお名前 
あなたのメールアドレス 
ご友人のメールアドレス 
タイトル 
本文
資料請求はコチラ
 
薬事の虎
売上UP
成功事例のご紹介 日本一のリーガルマーケティング
コンプラ&ディフェンス
日本初のコンサル&法律事務所ワンストップ 高級官僚OBによるナビゲート ここにしかない行政指導情報
無料情報提供
薬事法ニュース 薬事法ルール集 教えて薬事法
サービス別メニュー
会員制度/料金 セミナー Eラーニング 教材
ジャンル別メニュー 法律別メニュー お役立ち情報
社会貢献事業 虚偽報道にご注意下さい 薬事広告エージェント 薬事の虎 ツイッター